落合中日の裏側に迫った『嫌われた監督』を読んで

嫌われた監督

たまには本の紹介を。

Amazonのランキングで上位にランクインしていたので買って読んだのですが正解でした。2004〜2011年の中日ドラゴンズの監督を務めた落合博満氏と選手・スタッフ、球団関係者との物語を、当時の担当記者であった著者の鈴木忠平氏の視点から描いております。あの就任1年目の開幕投手川崎憲次郎から始まり、森野、福留、井端といったドラゴンズ黄金期の選手達とのエピソード、さらにはあの日本シリーズで山井を完全試合目前で交代した舞台裏など、当時の強いドラゴンズの記憶が蘇ってきてましたね。

落合監督は何を考え、何を求め、そしてなぜ嫌われたのか。プロ野球の監督とは何か、そしてプロフェッショナルとはないかを改めて考えさせられました。

476ページとそこそこありますが、それ以上に感じる圧倒的な密度でどんどん読み進めてしまいました。ドラゴンズファンではなくても十分に楽しめる1冊だと思います。オフシーズンになり時間がある方は是非。

そして井口体制になり着実に変わりつつあるマリーンズ。その内側ではきっと多くの人の多くのストーリーがあるはずです。徹底した情報統制で怪我人の情報すら手に入れるのは大変ですが、いつかこの井口マリーンズの裏側にも同じように迫って欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です