退屈なGW、マンガ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」を買いました

「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」

マリーンズ戦が中止となりましたが東京や関西では緊急事態宣言発出中ですので外出しようという気にもなれず少々退屈なGWを送っております。
普段からインドア派で昨年の今頃はそんなに不便しませんでしたがさすがに1年間は長く、コロナウイルス感染の終息を願うばかりです。

そんな感じで時間を持て余しているため、マンガを買いました。

前々から気になっていた作品で、この度テレビドラマ化をされるみたいですね。
kindleで3巻まで無料だったので読んだのですがそのまま全巻買ってしまいました。

ジャンルは大きく括れば警察モノですが、内容は定番の刑事モノではなく交番勤務の新米女性警察官のお話です。
なんでも作者が元々交番勤務の警察官ということで、その経験をもとにした内容だということ。
出てくる事件は殺人などの一般的な刑事モノとのは違い、ストーカー、DV、痴漢など性被害といった女性警官ならではの事件のお話が多いです。
先輩や上司の力を借りながら成長していく新人の警察官を非常にコミカルに描いておりますが、ところどころには警察官としての責務や苦悩や葛藤を描いておりそのバランスがいいです。
日夜我々のために働く警察官の苦労を思いつつ、クスッと笑えて気楽に読めるGWのステイホームにはちょうどいい作品でした。

ブログランキング・にほんブログ村へクリックお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です