侍ジャパン金メダルおめでとう

なんだかんだありましたが金メダルおめでとう

開幕前は興味ないという素振りをしてしまいましたが、結局ほとんどの試合見てしまったオリンピック。
決勝戦を見事2-0で勝利、金メダルを獲得です。
母国開催のオリンピックで金メダルが欲しくて復活させた野球競技、結果を出さなきゃいけないチームがしっかり掴んだ金メダルは率直に素晴らしいなと思います。

結果が全てのチームなので結果が出た以上は野暮なことかと思いますが、稲葉監督としては選手に救われた格好でしょう。
選手選考から始まりスタメン起用、試合中の采配に至るまでイマイチだなといった印象です。
まあ監督経験のない中での日本代表監督の就任ですのでそこは仕方ないかと。
金メダルを取ったからOKではなく、今後野球日本代表監督を先行する際はその辺の経験を考慮してもらいたいものです。

オリンピック酷使組

もちろん真剣勝負ですし野球選手である以上試合に出ることは本望でしょうが、選手起用にはだいぶ偏りがあったと。
野手はスタメンのほとんどがフル出場、投手も全試合登板のカープの栗林や神がかっていたファイターズの伊藤がフル回転していた一方でドラゴンズの大野なんかは1試合のみ。
これも野暮なことかと思いますが、国を代表する重圧の中で何試合も戦った選手たちの後半戦への影響は気になります。

まあそれを差し置いても金メダルは素晴らしいことです。
またパリ大会から消える野球とソフトボール、おそらく野球競技の復活は当面ないでしょうし最後の金メダルというのも悪くないでしょう。
心の底からおめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です