さらば平成の怪物

平成の怪物引退を決意

平成が終わって2年経過しましたが、「平成の怪物」松坂もついに引退を決意したようですね。
昨年から古巣ライオンズに復帰しましたが、首の怪我の影響で1軍登板はならず、シーズン中ですが引退と発表されました。
残る松坂世代はホークスの和田がいますが、これで間違いなく一つの時代が終わりましたね。

少年時代の私にとっては松坂は間違いなくヒーローでした。
あのピッチングに憧れて松坂モデルのグラブを購入したり、あの投球フォームを真似したりと野球をやる上で目標でもあり憧れでもあった存在です。
選手生活晩年は思うようなプレーができず心残りかと思いますが、とりあえずお疲れ様です。

物語は令和の怪物へ

個人的には「令和の怪物」という呼称はあまりハマっていないのですが、これで本格的にプロ野球の怪物伝説は佐々木朗希へといった感じですかね。
選手晩年は怪我に泣いた松坂ですが、プロ1年目から登板過多が影響ないとは思いません。
その点うちの朗希は慎重すぎるほどの育成方針ですし、今もまだ完成とは程遠いです。
1年目から最多勝など今のところの成績では松坂に遠く及びませんが、これから松坂を上回る成績を朗希が残してくれることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です