侍ジャパンの栗山監督が朗希を高評価。ただ強化試合に召集は嬉しくないかも。

侍ジャパン、栗山監督が朗希を高評価

侍栗山監督「やっぱり正直スケール感が違うよね」ロッテ佐々木朗希を称賛 – プロ野球 : 日刊スポーツ

本日は今年から侍ジャパンの監督に就任した栗山監督がマリーンズのキャンプを視察に。今日マリーンズのキャンプに来た理由はもちろんこれ。栗山監督が来るからわざわざこの予定を組んだそうですが、朗希がメイングラウンドで打者を立たせて投球練習を行いました。記事によると変化球を交えて30球を投げ、直球の最速はこの時期で157キロを計測したということで順調そのものですね。

当然ながら栗山監督は高評価。確かに今の朗希を評価しない野球人はいないでしょう。2023年のWBCを目指す栗山ジャパンの初陣となる3月5、6日の台湾との強化試合に召集されるかもしれませんね。

ただ開幕前のこの時期に勝ち負け関係ない国際試合に出場するのは特にメリットが感じられません。もちろんオープン戦の替わりにはなるでしょうが、マリーンズの捕手陣が選ばらなければ他球団の捕手とバッテリーを組むわけで、わざわざ開幕前に他球団に情報を与えない方が良でしょう。一応吉井コーチもいますのでセリーグの捕手と組ませるとかの配慮はあるかもしれませんが、とにかく意味がないことは嫌いですので個人的にはこの強化試合には反対です。ただそんなこと言ってても実際にマリーンズの選手が代表に選ばれたら喜んでしまいそうな自分がいることも否定はしません。

社会人出身ルーキーコンビも順調にアピール

【ロッテ】ドラ3・広畑敦也、ドラ5・八木彬がフリー打撃に登板 即戦力へアピール : スポーツ報知

即戦力と期待される社会人出身ルーキーの廣畑と八木が揃ってフリーバッティングに登板。一応記事ではヒット性の打球が何本とか出ていますが、その数字で一喜一憂する必要はないでしょう。この2人は初日からブルペン入りしすでに打者相手に投げているということで、ここまで順調さを評価したいです。

八木はリリーフで、廣畑はまだ起用法を決めかねているようですがチームバランス的にはリリーフ起用が良いと考えています。どちらも150キロを超える強いストレートがありますからね。実際の評価は対外試合が始まってからじゃないとできませんが、即戦力ルーキーの名に恥じないアピールをして2人で開幕1軍を掴み取って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。