盛者必衰とマリーンズが目指す黄金期

盛者必衰

盛者必衰。平家物語の冒頭に出てくるこの言葉は、勢いの盛んな者もついには衰え滅びる、この世が無常であることを意味しています

将棋の世界で一番歴史のあるタイトルである名人戦。その挑戦権を決めるA級順位戦はトップ棋士の10人がリーグ戦で争い優勝者が挑戦権を獲得、そして下位2名がA級から陥落します。昨日のA級順位戦8回戦で羽生善治九段が29年間守ったA級から陥落が決定したそうです。今でこそ将棋界は藤井聡太一色ですが、藤井竜王が現れる前の将棋界の中心は羽生九段で、全盛期の7冠独占、唯一の永世7冠、タイトル獲得通算99期など輝かしい成績を誇っています。その羽生九段がつに陥落ということで、冒頭の盛者必衰の言葉が頭に浮かびました。

プロ野球界も戦力図は年々移り変わっていきます。私が野球を見始めたころはジャイアンツ戦が毎日中継されていた様に名実ともに球界の盟主であったと思います。しかしいつの間にやらパリーグのレベルが上がっていき実力が逆転、日本シリーズは昨年スワローズが勝つまで9年連続でパリーグが制し、そのほとんどがホークスでした。しかしホークスも昨年は失速、バファローズとマリーンズの首位争いという5年前のパリーグからしたら考えられないシーズンでした。栄えているのもいつか衰えますがそれは新しい時代が訪れるから。長期的に強いチーム作りを目指すマリーンズの黄金時代が訪れることを夢見ています。

キャンプが休みだと…

今日はキャンプは休養日。こんなご時世ですのでルーキー達が石垣島観光見たなイベントも特になく、マリーンズファンにとっては退屈な一日になったかも知れません。唯一あったニュースはスイス高級時計メーカーのフランクミュラーとオフィシャルスポンサー契約締結したとのこと。

フランク ミュラーとオフィシャルスポンサー契約締結|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

腕時計には興味がなく名前自体聞いたことのないメーカーでしたので軽く調べましたが、腕時計は一般的な会社員の私には到底手の届かない金額でしたね。これだけの高級時計メーカーなら時計が趣味の人たちの中では有名でしょうし、マリーンズ戦を見に来るファンの中にこのメーカーの時計を買える人が何人いるんだレベル。フランクミュラー側にあまりメリット無さそうですし、なんでスポンサーになろうと思ったのか疑問ですね。まあ資金が潤沢な球団とは言い難いので、ありがたい限りですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。