エチェバリアがキャンプに合流、ドラ2池田も逆方向に2本柵越え、内野手争いは激化の予感。

エチェバリアがキャンプに合流

ロッテ・エチェバリアが石垣島キャンプに合流「すごくいい状態」 – プロ野球 : 日刊スポーツ

キャンプ3日目の今日からエチェバリアがチームに合流したそうです。まずはB組の別メニュー組で、おそらく週明けの第2クールあたりから徐々に実戦形式の練習に合流って感じですかね。とりあえず無事に合流できて良かったです。
チーム内でのポジションが確立しているレアードとマーティンはキャンプ不参加で独自調整が許可されましたが、エチェバリアはレギュラーを勝ち取らないといけない立場。この時期の合流は契約延長の際に球団が強く要請したのでしょう。まあこれに関しては当然かと思います。
32歳と選手としてのピークを越えかかっているエチェバリアをレギュラーとして起用するにはある程度の数字を残してもらうことが必要で、打撃では打率.250、ホームラン10本くらいはどんなに最低でも欲しいところ。その上で守備でのージーミスを減らすとかチームバッティングをするとかが求められます。
昨年はシーズン開幕後の合流になってしまいましたが今年はもうチームに合流できましたし言い訳はできませんので、2年目のエチェバリアにはハードルを上げてみたいと思います

池田も逆方向へ柵越えを

ロッテドラ2池田 名前と同じ「ライト」へ2連発!― スポニチ

ドラ2位ルーキーの池田もフリーバッティングに登場、本前と対戦した計22スイング来ホ方向へ柵越え2発をマークしたとのことです。まあ練習の段階で過度な評価は禁物かもしれませんが、練習とはいえある程度の技術とパワーがないと逆方向へはホームランを打てません。そんなイメージはなかったのですが池田は意外と長距離砲なのかもしれませんね。

どこかのインタビューでプロ入りを見据え打撃フォームの改造に着手したと語っているのを読みました。そのせいで大学4年の最終シーズンは成績はイマイチでしたが、その努力の成果が今になって実を結んできたかもしれません。今日から合流したエチェバリアを含め内野手のポジション争いは激戦で、さすがにルーキーの入る余地はないかと思っていましたがこれなら予想以上に早く1軍で使える可能性もあります。練習試合やオープン戦でもチャンスを貰えると思いますのでしっかりアピールができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。