石垣島での春季キャンプスタート!

いよいよキャンプイン

今日から2月、ということでいよいよ今日から春季キャンプが始まりました。コロナ感染でまだ合流できていない選手もいますし、安田・藤原の回復組はB組スタート、河村は原因不明の体調不良で初日は欠席など、予定通りとは言い難いですが今いるメンバーで最高のキャンプにして欲しいですね。

今日からユニフォームを着用してということで、ドラフトで獲得した選手や背番号が変わった選手たちの新しいマリーンズのユニフォーム姿が披露されました。ドラフト1位の松川なんかは体格は良いですがまだあどけなさを感じますし、今年から背暗号14に変更になった小島からは貫禄を感じます。同じ野球をするにもユニフォームを着ての練習は違うもの、身が引き締まる思いでしょう。

開幕投手を目指して朗希は初日からブルペン入り

3年目にして初の開幕投手を目指す朗希は早速初日からブルペン入り。ストレートだけですがキャッチャーを座らせて31球ほど投げたそうです。まだまだ出力全開とはいかないでしょうが初日から投げれる状態に持って行ったのは評価できますし、オフの間いいトレーニングができたのでしょう。開幕投手の本命だと思っていますし、これから順調にステップアップをして欲しいです。

対抗馬の小島も負けじと初日からブルペン入り、こちらは朗希の倍にあたる60球を投げたそうです。本人は手応えを口にしていますし、朗希には負けないという気持ちも感じますね。開幕投手争い楽しみですね。

野手組ですと井口監督は和田のバッティングに高評価を与えていたそうです。監督曰く、スタイルが変わっているというか、しっかり振れるようになってきてたとのこと。映像観れていないので実際にはどうなっているかわかりませんが、レギュラー獲りが期待される若手ということで楽しみです。

初日から明るい話題が目立ちます。このまま充実したキャンプになると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。