松川、平沢らがキャンプ1軍スタート。エチェバリアもキャンプ途中で合流へ。

松川、平沢らがキャンプ1軍スタート

ロッテ1位の松川虎生はAチームへ 井口監督「基本的には上で考えている」 – プロ野球 : 日刊スポーツ

本日監督・コーチ会議を行い、石垣島キャンプのメンバー割り振りなどが話し合われたそうです。注目のドラ1・松川はキャンプは1軍スタート、1軍本体が沖縄本島に移動するタイミングで2軍に合流するようですね。まあ最初に1軍のレベルの高さを身をもって経験するのは重要だと思いますし、プロで戦うためになにが必要か知ったうえで身体造りする方が効率が良いのでこの方針には賛成です。

ロッテ・平沢大河 3年ぶりの1軍キャンプスタート 井口監督「頑張ってもらわないと」/野球/デイリースポーツ online

さらには井口監督は平沢の1軍スタートを示唆しました。2年連続1軍出場0で数字だけ見たら崖っぷちの平沢ですが、こうやって敢えて名前を出すあたり井口監督もまだ平沢に期待をしている証拠です。その期待に応えるために、そしてドラ1のプライドにかけてキャンプではもうアピールしてくれるといいですが。

コロナ陽性ロッテ安田尚憲は「キャンプ間に合う」井口資仁監督が状況明かす – プロ野球 : 日刊スポーツ

昨日コロナウイルス感染が発表された安田はキャンプインには回復するのではないかとのこと。まあ井口監督も言っていますが急いでケガをしても元も子もないので慎重に判断し、2軍スタートも十分考慮すべきと思います。

レアード&マーティンはマイペース調整、エチェバリアはキャンプ途中で合流へ

ロッテ 両主砲レアード&マーティン 3月上旬ZOZOマリンで全体合流へ – プロ野球 : 日刊スポーツ 

レアードとマーティンはキャンプは不参加、3月上旬のオープン戦から合流するようですね。まあこれに関しては賛否両論ありそうで、私としては隔離期間のこともありますし早めに来日してキャンプには参加して欲しいですが、そこは2人のことを信用してということでしょう。メジャーリーグの野手陣はキャンプなんてほとんどしないで個人調整が基本ですし。元気な姿で3月に会えると良いですね。

一方エチェバリアは石垣島キャンプの途中から合流の見込みとのこと。ある程度ポジションが確立されている2人とは違い、こちらはポジション争いをしないといけない立場なので当然ですね。残留交渉の条件として提示したかもしれません。日本球界2年目ですしキャンプにも参加できるということで、今年は昨年以上の活躍を期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。