遂に発表コーチ人事。吉井コーチはピッチングコーディネーターに

やっとコーチ人事が発表

2022シーズンコーチングスタッフ決定のお知らせ|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

まさか12球団で大トリになるとは思いませんでしたが、やっとマリーンズの2022年のコーチ人事が発表されました。
相変わらずの兼任ばかりでやや見づらいのはご愛敬ということで…(笑)。まあ既報の通りで大きなサプライズはなかった感じですね。

大きな変更点と言えば1軍投手コーチが2人とも変わったこと。3年続いた吉井-川越体制が来年から木村-小野体制に移行となります。後述の通り吉井コーチはチームに残留しますし基本方針は大きく変わらないとは思いますが、投手起用に影響は絶対あるでしょう。木村コーチの投手陣の運営手腕に期待です。

そして福浦コーチが1軍打撃コーチに。一応復帰ということになりますか。
球団としては絶対に失敗できない人事ですので満を持しての1軍昇格でしょう。課題の若手の打撃改善を球団に託されたと見ていいはずです。
逆に2軍の打撃部門はメインの堀コーチしかいませんのでやや手薄に。5年後くらいにその弊害が出ないといいですが。

全体感としては改革というよりかは継続といった印象です。
井口マリーンズ勝負の5年目、結果を出すしかありません。

吉井コーチがピッチングコーディネーターに就任

2022年 新体制について|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

こちらも既報の通りですが吉井コーチは1,2軍の投手統括部門に。
球団発表によると来シーズンからコーディネーター部門を新設。統括コーディネーターにスカウト部部長の永野吉成氏、ピッチングコーディネーターに吉井コーチが就任するそうです。

球団HPにはコーディネーター部門の役割が色々書いてありましたが、個人的には1軍と2軍の懸け橋となる存在という風に捉えました。1軍に昇格すべき選手を的確に進言し、2軍に降格した選手と課題を明確にする。そんな役割になってくれればと思います。1,2軍全ての選手に目を配らせるのは非常に大変な仕事だと思いますが、指導力に長ける吉井コーチの能力を存分に活かす役職ではないでしょうか。この体制が成功すれば井口監督が口にしているマリーンズ応号時代の到来も夢ではないはずです。

やっとはっきりした2022年の千葉ロッテマリーンズの体制。
どんなチームになるのか今からワクワクしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です