ルーキー達の育成・起用法について考える

ようこそマリーンズへ

今日八木投手がマリーンズと契約を結び、これで今年ドラフト指名した全選手が入団決定しました。とりあえず無事に全選手が入団してくれて良かったです。そこで今日は来年のルーキー達の育成・起用法について考えてみたいと思います。

まず即戦力として1軍争いに加わって欲しいのは社会人投手の廣畑と八木。
廣畑に関しては先発リリーフどちらで行くか決めかねているそうですが、都市対抗野球のピッチングや本人のインタビューを聞いていると先発で使ってみたい気がします。150キロ以上のストレートに注目されがちですが変化球も豊富でコントロールもまとまっています。本人も打たせて取るピッチングの方が性に合っているそうなので、球数少なく長いイニング投げてくれる石川や美馬の様な先発投手を今のところイメージしています。
八木は井口監督も本人もリリーフでとのこと。基本はストレートとフォークの投手で都市対抗野球で初めて見ましたが2試合とも好投しており期待が持てます。こちらも開幕1軍を狙っていくでしょう。

2位の池田は大卒ですが開幕から即戦力というよりかまずは2軍でじっくりとでしょう。ポスト中村奨吾を見据えて指名したと思いますが現状奨吾はまだまだ元気ですし、サードのポジションも安田を中心にレギュラー候補がたくさんいて争いが熾烈です。オープン戦でもある程度は打席が与えられるはずですが、急いで1軍戦力化を目指さなくても良いとは思います。もちろんキャンプやオープン戦で猛アピールを見せたら話は別ですが。

3年で出てこい

1位の松川は3年後に1軍の舞台で戦えるような育成方針が良いのではないでしょうか。高校生ですが体格は十分ですがまずは1年間野球をする体力をつけて、そしてプロレベルの球をしっかり受けれるように2軍でキャッチャーの技術をしっかり身に着けてが王道でしょう。打てるキャッチャーの道は険しいですが、彼ならできると信じましょう。

4位の秋山はここ数年の高卒投手のトレンドに倣って1年間身体づくりになるでしょう。秋くらいに投げている姿を見たいですね。貴重な左腕ですのでしっかり育成しましょう。

育成ドラフトの選手に関しては独立リーグから加入の速水に関してはある程度2軍戦に出場するでしょうが、残りの高校生3人は身体作りからでしょうね。はっきり言って今年の山本大斗が高卒の育成選手としては出来過ぎな部類ですので期待し過ぎないようにしています。こちらも3年後に支配下契約を目指すイメージでしょう。

ざっと考えましたがとこんな感じでしょうか。
12/10に新入団選手発表会があるの
マリーンズの一員として何を語ってくれるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。