文句なし!奨吾と荻野がゴールデングラブ賞を受賞!

文句なしの受賞でしょう

中村選手・荻野貴選手が「第50回三井ゴールデン・グラブ賞」を受賞|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

本日2021年のゴールデングラブ賞が発表され、セカンド部門で奨吾、外野手部門で荻野が見事にゴールデングラブ賞を受賞しました。この二人に関しては何度も何度も好守でチームを救ってきましたので文句なしの受賞でしょう。おめでとうございます。

奨吾は3年ぶりの受賞。今年も守備範囲が広くかつ送球も安定しており堅実なプレーが光りました。もちろん派手なプレーもありましたが、難しいプレーを難しく見せないのが奨吾の凄さだと思います。昨年はなんで?って感じで受賞を逃しましたが今年は2位に大差をつける圧倒的な支持を集めました。私は奨吾の守備はNPB現役選でナンバーワンだと思っています。

荻野も2年ぶりの受賞。今年で36歳のベテランで今シーズンは負担を減らすためにレフトでの起用が増えましたが、広大な守備範囲はいまだ健在。そして何と今季は無失策で外野手部門で圧倒的な支持を集めました。センターで培った前後の打球判断が秀逸で、レフト前に落ちると思った打球をスライディングキャッチする姿を何度も見せてくれました。荻野をレフトで起用できるのはなんという贅沢でしょうね。

今年の受賞者はまともかな

去年のマリーンズから受賞者がいなかったことを根に持っているわけではないですが、今年の受賞者には特に異議はなくまともな選出かなと思います。強いていうならいまだに柳田が選ばれてるくらいですが、人気投票的な面も持ち合わせているので仕方ないですね。

選ばれていないので別にいいですが、岡や藤原の得票数よりバファローズの杉本や吉田正の方が多いのは違和感しかありません。ベストナインではなく守備の賞なので打撃とは分けて評価して欲しいですね。レアードに10票入っているのも違和感ありますし。

とりあえず今年はマリーンズからしっかり選ばれてくれてよかったです。来年は奨吾と荻野以外でも受賞者が出ることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です