来年の飛躍のために。秋季練習が終了。

秋季練習が終了

今日をもって秋季練習が終了、これでマリーンズも本格的なオフシーズンに突入です。
秋季練習は若手中心のメンバーでしたが、報道を読む限りは投手陣も野手陣も良い練習ができたのではないでしょうか。この練習を土台にして、来春のキャンプからは多くの選手が1軍の舞台で活躍してくれることを願います。

この秋季練習の最大の課題は打撃。
今シーズンに関しては打撃面で若手の突き上げがイマイチだったのでこれは当然で、1日1000スイング以上の猛練習だったとのことです。もちろん練習で振った分だけ打てるわけではないですが、練習で振らない選手が打てるわけありません。そういう意味では優勝を逃した悔しい気持ちを忘れないうちに多少強制気味でもバットを振らせることで、練習に取り組む意識を変えることは良いのではないでしょうか。

投手陣は派手な練習がない分報道が少ないですが、地味で辛い練習をしっかりこなしたことでしょう。就任以来井口監督は投手陣に対して強いストレートを求めています。これを手に入れるためには地道なトレーニングが不可欠で、オフの今の時期でこそ本格的に行うことができるもの。良いストレート投げるようになったなあと来シーズンは思わせてください。

コーチ陣の発表はまだ?

さて井口監督の続投は決まったものの、マリーンズはまだコーチ陣の発表はありません。
今岡ヘッドの退団は決定事項で松中コーチも契約切れ。そして吉井コーチも秋季練習に参加している報道を一切見なかったのですが私だけでしょうか?この秋季練習では福浦コーチと小野コーチが一軍に合流していましたが、来季に向けての1軍コーチ人事の一角なのかもしれません。いずれにせよ近いうちに発表があるとは思いますが。

ファン感はあるでしょうが基本的には選手のユニフォーム姿は今年はこれで最後。次に着るのはキャンプインの時です。
オフの期間もしっかり練習に取り組み、2月1日にユニフォーム姿を見て雰囲気変わったなあと思わせてくれると嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です