三者三様、三つ巴の戦いを制するのは?来季展望③捕手編

2021年シーズンが終わり来シーズンへ向け準備のオフに入ります。そこで今シーズンは何が足りず、そして来シーズンどうすればいいのかを考えてみたい思います。各ポジションごとにやっていこうと思ってまして、第3回の今回は捕手編です。

明確な弱点だった

今年最も頭を悩ましたポジションがキャッチャーでしょう。序盤でレギュラーの田村が怪我で離脱、その後柿沼もコロナ感染等でさらに離脱。1軍は佐藤都志也、江村、宗接で2軍は植田1人なんて状況の時はどうなることかと思いました。結果的には交流戦明けにトレードで獲得した加藤匠馬がしっかりチームにフィットしてくれて中盤戦以降は安定した戦いができましたが、それでもキャッチャーが今のマリーンズの明確な弱点であることは間違いないでしょう。

本来なら田村をしっかり正捕手に据えたいところでしょうが近年故障がちで出場試合数は減少傾向。加藤もあの強肩で盗塁抑止力は評価しているのですがレギュラーとして考えると打力は相当厳しいものがあります。佐藤も本人も監督・コーチも気持ちがどんどん打者よりにシフトしてしまっているのではないでしょうか。柿沼は加藤に完全に役割を奪われましたし、吉田・江村はほぼ構想外でしょうし、植田も打力に特徴がない以上経験値不足で1軍選手には勝てません。こう考えてみると来年誰が中心になるか見えませんし、ドラフト1位の枠を使って高校生捕手を獲得したことも頷けますね。

佐藤都志也をどう使うのか

来年を捕手陣を考えるうえでまず重要なのが佐藤都志也をどう使うのか問題。正捕手を目指すのか打力を活かして他のポジションでレギュラーを目指すのか、彼も来年で25歳ですのでプロ野球選手としての道筋を立ててあげないといけません。ドラフトで松川を獲得した以上来年の2軍は捕手陣は松川を中心に回っていくでしょうからもう2軍で経験値集めはできません。

個人的にはキャッチャーとしての成長の跡がはっきり見えるので正捕手を目指す道を選んで欲しいのです。やはり「打てる捕手」という存在は魅力です。まだまだ課題はあるにしろキャッチングにしてもブロッキングにしても前半戦と後半戦ではまるで別人で、リード面でも妥当性があるリードだと判断しています。ただ井口監督がキャッチャーではあまりリスクを取らない様に思いますし、まだ序盤戦~交流戦くらいまでの悪いイメージが拭えないのでしょう。

あとは田村がどこまで復活できるか。身体面でのコンディションが良ければ本来は田村がスタメンマスクを被るのが妥当とは思います。しかし加藤のあの強肩と盗塁抑止力は捨てがたく、あれで投手が打者に集中できるというポジティブな側面もありますので、井口監督はある程度は打撃に目を瞑っていたのでしょう。ただシーズン最終盤はブロッキングとかで軽いプレーが散見されましたので個人的には守備面でも評価が高くありませんが。

田村・加藤・佐藤の三者三様、三つ巴の戦いになりそうな来年の捕手陣。私は捕手にもある程度の打力は求めますのでスタメンマスクは田村・佐藤が中心に、加藤はあくまでバックアップという体制が良いのではないかと考えています。やはり守備の不安を気にして守備に就かせにあのではいつまでたっても成長はありませんので。ただこの案には今オフでの田村がしっかり身体のコンディションを整えることと佐藤のレベルアップが絶対条件で、それが実現しないと現実路線でスタメン加藤になりそうです。理想か現実か、いずれにせよマリーンズのキャッチャーが弱点でなくなることを願います。

↓来季展望シリーズ
鍵は世代交代とゆとりローテ!来季展望①先発投手編
最大の課題は「ポスト益田」。来季展望②リリーフ投手編
三者三様、三つ巴の戦いを制するのは?来季展望③捕手編
レアードとの上手な付き合い方は?来季展望④一塁手編
来年も井口マリーンズの聖域に。来季展望⑤二塁手編
期待の若手が期待の若手で終わったことが期待外れ。来季展望⑥三塁手編
絶対的なレギュラー不在だったショートのポジションを掴むのは。来季展望⑦遊撃手編
荻野とマーティンにおんぶにだっこは卒業を。来季展望⑧外野手編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です