鍵は世代交代とゆとりローテ!来季展望①先発投手編

さて2021年シーズンが終わり来シーズンへ向け準備のオフに入ります。そこで今シーズンは何が足りず、そして来シーズンどうすればいいのかを考えてみたい思います。一応各ポジションごとにやっていこうと思ってまして、第1回の今回は先発投手編です。

3本柱が機能しなかった

おそらく開幕前の段階で井口監督の頭の中には二木・美馬・石川の3本柱でローテは回すと考えていたでしょう。私もそれは同感で、まさかこの3人がここまで活躍できないとは思いまでした。
二木はほぼ1年間ローテを守りましたが数字的には1軍定着以降ワーストの数字。特に目立つのが被本塁打数と奪三振率の低下で、被本塁打数はパリーグぶっちぎりの1位、奪三振率は例年8.0前後だったのが今年は5.9に急降下。開幕投手を任されながらシーズン最終盤の大事な試合ではマウンドを任されることすらありませんでした。
美馬は序盤は悪くなかったですが交流戦から歯車が狂いました。2試合連続二桁失点からの2軍落ち、後半戦に1軍復帰しましたが本来の姿ではなかったと思います。
石川は怪我で開幕出遅れ、復活したと思ったら再度離脱し今度は肘の手術。驚異の回復力で後半戦には復帰し安定したピッチングで優勝争いの原動力となってくれましたが、プロ入り後最小の12登板で終わったことはやはり痛かったです。
やはり優勝を逃した要因としてこの3人が十分機能しなかったことが大きかったです。

一方で前半戦だけで8勝挙げた岩下、後半戦大活躍を見せ初の二桁勝利を挙げた小島、ルーキーの河村、そして今やマリーンズのエースとなった朗希と着実に若手が育ってきているとは思います。世代交代の波が確実に来ています。

ローテの中心は朗希でしょう

来シーズンの先発投手は若手が中心で、その中心は間違いなく朗希です。プロ2年目でありながら今シーズン彼が見せてくれた成長力とパフォーマンスは圧巻で、来年はもっと成長してくれるでしょう。ただ中6日ローテでバリバリ回ってくれるとも考えにくいのもまた事実。怪我無く1年過ごせたとしても1ヶ月に3~4登板、年間で20登板くらいが目安かなと思っています。

ローテの軸としては小島や岩下に期待します。やはりこの年代が中心選手になってもらいたいところですので。小島は後半戦のパフォーマンスがたまたまじゃなかったことを証明しないといけません。完投能力がある先発左腕、近年のマリーンズが欲していた存在ですので是非その地位を確固たるものに。岩下はリリーフ適正も高そうなので悩ましいですが来年も先発で見たいです。調子にムラがあるのがずっと課題ですが悪い時でも試合は作れるようになってきたかなと評価しています。ハマった時のあの制圧感ある投球が素晴らしいのは言うまでもありません。

そこに今シーズン3本柱石川・美馬・二木の復活、そして河村・本前・森といった若手の台頭などが絡んでくる感じでしょうか。特に後半戦良いところでチームを救った河村には期待です。残留交渉中ですがロメロ、結果次第では別の新外国人が来るかもしれません。TJ手術明けの西野・種市の復活も待たれますね。即戦力ルーキーの廣畑も候補です。もちろん全員が順調にいくとは思いませんが、こう考えると先発投手候補の数はそこそこいますね。

「誰が」もそうだが「どう回す」か

先発投手に関しては「誰がもそうですが「どう回す」かが重要ではないでしょうか。そしてそのヒントになりそうなのがここでも朗希。朗希は今シーズン登板後すぐ抹消→10日過ぎたらまた先発みたいな変則ローテで、それによって他の投手も登板日がずれることもしばしば。ただこれによって選手や監督・コーチ陣含め、中6日以外の調整法のノウハウも蓄積されていったと思います。あくまで私の印象ですが先発投手も登板間隔が空いた方が良いパフォーマンスになる選手が多かった気がしています。

そして朗希以外にもベテランの石川・美馬は手術歴ありますし、TJ手術復帰組がいきなり中6日で回れるとも思いませんので来年は中6日のローテに拘る必要がないのかもしれません。極端な話ではありますが先発ローテを10人用意して先発翌日すぐ抹消を繰り返す中10日ローテなんてことも考えられます。まあそこまではしないでしょうが、とにかく良いパフォーマンスを出すために登板間隔を空けるのが来年の主流になるのではないでしょうか。リリーフ投手の3連投禁止を導入したチームですのでゆとりローテも合うと思いますよ。

さて先発投手に関する来シーズンの展望はこんな感じでしょうか。2022年の先発投手の鍵は世代交代とゆとりローテ!これが私の考えです。

↓来季展望シリーズ
鍵は世代交代とゆとりローテ!来季展望①先発投手編
最大の課題は「ポスト益田」。来季展望②リリーフ投手編
三者三様、三つ巴の戦いを制するのは?来季展望③捕手編
レアードとの上手な付き合い方は?来季展望④一塁手編
来年も井口マリーンズの聖域に。来季展望⑤二塁手編
期待の若手が期待の若手で終わったことが期待外れ。来季展望⑥三塁手編
絶対的なレギュラー不在だったショートのポジションを掴むのは。来季展望⑦遊撃手編
荻野とマーティンにおんぶにだっこは卒業を。来季展望⑧外野手編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です