勝負の井口マリーンズ5年目へ。レアードは残留へ手ごたえあり?

リーグ制覇を目指し井口マリーンズ5年目へ

【ロッテ】河合克美オーナー代行が井口監督続投を正式発表 レアードとの残留交渉も手応え : スポーツ報知 (hochi.news)
ロッテ・河合オーナー代行兼社長、井口監督続投を明言「まっとうしてもらわなきゃいけない」 – サンスポ (sanspo.com)

河合克美オーナー代行兼社長が今シーズンの総括を行い、そこで井口監督の来シーズン続投が正式に発表されました。昨年末に2年契約と発表されていましたので当然ではありますが、正式発表があるとファンの一人である私も背筋が伸びる思いです。

河合オーナー代行のコメントを読む限りは井口監督の手腕を高く評価しているみたいですね。細かいところで好き嫌いはあるものの、私もシーズン最終盤まで優勝争いをしたということは良い評価を与えるべきだと考えています。レアードの復活があったとはいえ昨シーズン課題だったチーム得点も大幅に改善しましたし、接戦の試合での強さはパリーグ屈指だった思います。

ただ優勝を目標にしているチームが2年連続2位で優勝を逃したこともまた事実。チャンスを与えながらも期待の若手が伸び悩んだことは大きな反省点で、戦術・采配面でもCSファイナルでバファローズの中嶋監督とは差を感じました。一歩一歩着実に成長を続けているとは思いますが、5年目を迎えるシーズンで井口監督もわかりやすい「結果」を出さないといけないでしょう。

レアードは残留へ手ごたえあり?

上記の記事によりますとレアードの残留交渉については「基本的には残留の方向で話は進めてもらっています。」とのことで手ごたえがあるようす。具体的な契約内容については明かされていませんが他球団、特にパリーグ球団への流出は結構な痛手でありますので一安心としておきます。ただ今シーズンは見事な復活を果たしてくれましたが、年齢的なことを考えると来シーズンこれ以上の成績を求めるのはやや酷です。残留はさせるべきだが長期契約は避けるべき、交渉する側としては難しいミッションですので一転破談なんてこともあるかもしれませんね。

エチェバリアにもオファーをしているとのことで、本人も残留を希望しているのでよっぽどのことがない限りは来シーズンもマリーンズでプレーするでしょう。今シーズンは成績的には物足りませんでしたがコロナ渦で入国が遅れキャンプ不参加および開幕に間に合わずといった事情もあります。来シーズンはキャンプから参加できるでしょうから言い訳なしの勝負の2年目です。またロメロにも残留オファーしているとのことですがこっちはどうですかね。私も残留希望ですが本人の意向が不明ですので現時点では何とも言えません。

ハーマンも契約状況がどうなっているかわかりませんしロメロの残留も不透明で、今オフ外国人選手で補強があるとしたら投手中心でしょうね。ここ数年でNPB他球団でプレーしてきた選手を獲得することが多く、マーティン以外では自前で優良助っ人を発掘できていませんのでそろそろ海外スカウトも存在感を出してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です