年俸アップ?ダウン?2021年千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想

千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想

昨年も行ったマリーンズ選手の年俸予想を今年もやります。今シーズンの成績やチームへの貢献度を考慮して来年の年俸を私なりに予想してみました。まだ追加の戦力外通告とか外国人選手の退団の発表とかあるでしょうが、2021年11月14日段階で退団が決定していない選手に対して来シーズンのオファーを出すとしたらどのくらいかだと思ってください。完全に個人的な見解です。

選手名
年齢 2021年
推定年俸
(万円)
2022年
予想年俸
(万円)
 
 
0 荻野 貴司 36歳 8,000 8,000
2 藤原 恭大 21歳 1,800 2,100
3 角中 勝也 34歳 7,500 6,000
4 藤岡 裕大 28歳 3,500 5,000
5 安田 尚憲 22歳 2,200 2,500
7 福田 秀平 32歳 12,000 12,000
8 中村 奨吾 29歳 6,700 9,500
11 佐々木 千隼 27歳 1,570 4,800
12 石川 歩 33歳 11,000 10,500
13 平沢 大河 24歳 1,800 1,500
15 美馬 学 35歳 12,000 12,000
16 種市 篤暉 23歳 2,700 2,500
17 佐々木 朗希 20歳 1,600 3,000
18 二木 康太 26歳 6,000 4,800
19 唐川 侑己 32歳 8,000 8,000
20 東條 大樹 30歳 2,700 2,200
22 田村 龍弘 27歳 7,000 6,200
23 三木 亮 30歳 2,200 2,100
24 東妻 勇輔 25歳 1,500 2,300
25 岡 大海 30歳 2,200 3,000
27 山本 大貴 26歳 1,100 850
28 松永 昂大 33歳 7,500 5,000
29 西野 勇士 30歳 5,250 5,000
31 菅野 剛士 28歳 2,440 1,940
32 佐藤 都志也 23歳 1,600 1,900
34 土肥 星也 26歳 1,100 950
35 鈴木 昭汰 23歳 1,600 1,900
37 小野 郁 25歳 1,700 2,000
38 髙部 瑛斗 24歳 1,000 950
39 吉田 裕太 30歳 1,100 950
40 福田 光輝 24歳 880 800
41 成田 翔 23歳 670 670
42 フランク・ハーマン 37歳 8,800 7,000
43 小島 和哉 25歳 3,400 5,200
44 井上 晴哉 32歳 5,200 4,200
46 岩下 大輝 25歳 3,500 4,800
47 田中 靖洋 34歳 2,700 2,700
48 中村 稔弥 25歳 1,800 1,800
49 本前 郁也 24歳 420 800
51 山口 航輝 21歳 560 1,500
52 益田 直也 32歳 20,000 20,000
53 江村 直也 29歳 1,100 900
54 ブランドン・レアード 34歳 23,760 25,000
55 アデイニー・エチェバリア 32歳 10,000 8,000
56 中森 俊介 19歳 720 720
57 小川 龍成 23歳 1,000 1,000
58 河村 説人 24歳 800 1,200
59 西川 僚祐 19歳 500 500
60 横山 陸人 20歳 560 700
63 和田 康士朗 22歳 1,000 1,300
64 大嶺 祐太 33歳 1,200 1,100
65 古谷 拓郎 21歳 480 480
66 加藤 匠馬 29歳 1,500 2,200
67 茶谷 健太 23歳 600 580
68 西巻 賢二 22歳 800 700
69 土居 豪人 21歳 440 500
79 レオネス・マーティン 33歳 31,500 31,500
86 ホセ・フローレス 32歳 500 500
91 エンニー・ロメロ 30歳 3,000 6,000
92 国吉 佑樹 30歳 5,720 7,000
95 植田 将太 24歳 420 600
99 柿沼 友哉 28歳 1,680 1,200
121 小沼 健太 23歳 300 300
122 谷川 唯人 19歳 240 240
123 森 遼大朗 22歳 230 800
124 山本 大斗 19歳 230 230
129 佐藤 奨真 23歳 300 300
130 サンディ・サントス 27歳 500 500
131 ホルヘ・ペラルタ 20歳 240 240

※金額は各メディアが報じた推定年俸であり正確な年俸ではありません。基本的にはWikipediaで記載されている金額を採用。
※外国人選手は日本円に換算して表示。レートは各メディアが報じた当時のものを採用。
※以下の選手は複数年契約中
・荻野 貴司
・福田 秀平
・美馬 学
・唐川 侑己
・フランク・ハーマン(?)
・益田 直也
・レオネス・マーティン

評価ポイントが難しい

こんな感じにしてみましたがどうでしょうか。限度額越えのダウンは松永のみです。1軍主力はアップで2軍にずっといた選手はダウンというのははっきりしているかと思いますので、難しいのはその中間層。投手で一番評価が難しかったのは小野で、はっきり言ってシーズン当初の期待に応えることはできませんでしたが、それでも年間で49登板自体は評価しないといけないと思いますのでアップ評価にしました。野手の一番の注目点は奨吾の評価で、今季推定年俸6,700万円からだと一億円に乗るかどうか微妙なラインだと思います。一応ギリギリ届かない予想にしました。

外国人選手に関してはレアードは3億円が限度で、2億5000万円くらいが妥当かなと思っています。ハーマンは情報が錯綜していますが新規でオファーを出すならダウン評価が当然。オファーを出さない選択肢もあると思います。

週明けから戦力整備と並行して契約更改も順次始まっていくでしょう。また契約更改が終わった選手からこの予想年俸との答え合わせをしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です