田嶋が打てず杉本に打たれるのはこれで今シーズン何度目か。2連敗で崖っぷちに。

2021年11月11日
千葉ロッテマリーンズ 0−2 オリックスバファローズ
@京セラドーム大阪

杉本のホームランを見るのはもう何度目か忘れた

あの天に大きく突き上げる右手を見るのは今シーズン何度目でしょうか。中盤に杉本に痛い一発を浴び、打線の2試合連続の完封負け。アドバンテージを入れてバファローズが3勝目で、日本シリーズ進出に向けこれで後が無くなりました。

美馬のアクシデントで緊急登板となった東妻ですが、6回でしたしおそらくブルペンで準備はしていたはずです。ただ身体の準備はできても心の準備ができていなかったのか、初球がとんでもなく甘いスライダーになってしまいあれはさすがに逃してくれませんでしたね。杉本からしても昨日三振したスライダーの一点張りだったでしょうし。両チームの投手合わせて225球も投じた試合で勝負を決めたのはたった1球で、これもまた野球の面白さであり怖さでもあります。

不本意な形で降板してしまいましたが、美馬はよく投げてくれました。甘いボールは多かったですが、相手の打ち気を逸らす様なピッチングは美馬の十八番。粘りばがらしっかり試合を作ってくれましたし、十分期待に応えてくれました。昨日の石川同様に負け投手の文字が相応しくありません。

前日の山本由伸が尾を引く

田嶋にやられるのもこれで何度目か。こちらもシーズン同様に苦杯を舐めました。ただ昨日の山本由伸を思えば打てない相手ではなかったと思いますし、事実甘いボールも結構あったと思います。ただなぜここまで打てなかったのか、もちろん田嶋もしっかり投げてたとは思いますが相性の一言で片付けるべきなのでしょうか。

私の目には昨日の山本由伸の完封負けをまだ引きずっている様に見えました。打撃は技術や経験も大事ですが、それ以上に感覚が重要だと思います。こうやったらこう打てる見たいな感覚がプロ野球選手なら長年培ったものがあるはずです。ただその感覚を昨日の山本由伸に狂わされた気がします。それくらい異次元の投球でしたから。

そうは言っても野球は点を取るスポーツで、引き分け=負けの立場ですのでなんとかしないといけません。明日こそはスコアボードに0以外を並べましょう。ここから大切なのはもう意地です。

もう後は4つ勝つだけ

采配面では山口に代打佐藤都志也はどうだったんですかね。現チームでは山口も十分期待値高いですし、その後の加藤のところで確実に代打は必要でしたし。捕手のリスク管理的にその後慣れないライトの守備に就かせましたが、そこまで考えた場合は

山口の打撃>佐藤の打撃+ライトの守備リスク

だと思うので山口に打たせた方がチーム全体で見たら利益が大きかった気がします。

リクエストは2回失敗しましたが、こちらについては異論はない派です。どちらも際どいプレーでしたし、選手のリクエスト要求を監督が応えてあげられないことの方が問題ですので。そして両プレーに対する判定に関しても納得できますが、そうなると運もなかったと思うしかありません。

さあこれで後がなくなりました。もう4連勝しか許されませんし、はっきり言ってかなり厳しいです。ただ可能性が0になるまで諦めてはいけません。ここから4連勝する可能性があるチームですから、このCSファイナルステージの舞台にいるんですから。

この一点を、つかみ取る。

スローガンに相応しい戦いを見せてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です