恥じることはない、相手を称えて今日は終わり。CSファイナル初戦は山本由伸に完封負け。

2021年11月10日
千葉ロッテマリーンズ 0-1 オリックスバファローズ
@京セラドーム大阪

仕方ない、仕方ない、仕方ない

恥じることはない、相手を称えて今日は終わり。

人それぞれ思うところはあるでしょうが、私の今日の試合の感想はこれです。山本由伸を打てずに完封負けを喫しましたが、こればっかりは山本由伸を褒めるしかありません。久しぶりに対戦して改めて思いましたが、打てるかこんな投手。

序盤は3度の先頭打者出塁などチャンス自体はありました。ただそこであと1本を許さないのが好投手。ピンチでも動じないどころかギアを一段階挙げるような投球で得点が奪えませんでしたね。ここで1点でも取れていたら話が違ったのでしょうが…。5回以降は完全に立ち直って一人のランナーも出せず。150キロ中盤のストレート、150キロ近いスプリット、スライダーに大きなカーブ、どれをとっても一級品で捨てるボールがひとつもなく、もう付け入る隙がありませんでした。こうなるんだったら2回の三振ゲッツーも納得で、あのくらいリスクを負わないといけない投手だったということです。とにかく今日の試合マリーンズはやることはやったと思います。その上で相手が一枚上だったのですから仕方ないと自分に言い聞かせるしかないです。

まだ平野の方が可能性あるかなと思っていましたが、中嶋監督も今日の山本由伸を代える勇気はないですよね。9回もマウンドに上がった段階で負けを覚悟しました。ただポジティブに考えるなら今日完封したことによって山本由伸の中4日で第6戦投入がほぼなくなったわけで、それはそれで価値があるかなと。最後まで代えることができない試合展開にしたのは良かったと思います。すべては山本由伸の存在に尽きる、そんな今日の試合でした。

石川を中心に良く守った

石川は全く負け投手に相応しくないピッチングでした。相手が山本由伸ということで緊張感がある中、要所を締めて7回1失点にまとめるあたりはさすが石川といった感じです。今日はカーブのボール1個分のコントロールに泣きましたね。カーブでストライクが取れていたらもっと楽だったのでしょうが、それが決まらずカウントが悪くなってしまいました。それでも中盤以降はきちんと修正してきてさすがなんですけどね。初回の1点は強いていうなら宗への四球が余計だったのですが、それが全てとは思いません。山本由伸を楽させる展開にはさせなかった、試合全体で観たら石川はその役目を十分果たしてくれました。

野手も守備ではいいプレーが多かったです。エチェバリアの深い位置のショートゴロを座りながら送球してアウトにしたスーパープレーに代表されるように、内外野ともしっかり守って投手を盛り立てていたと思います。守備に関しては間違いなくバファローズを上回っていますのでそれは誇っていいと思います。

今日はバファローズに負けたのではなく山本由伸に負けた

8回裏は吉田正のところにワンポイントリリーフで鈴木を使いましたね。これに対する私の考えは「慣れないことするもんじゃないよ」ですかね。結果的に抑えましたがワンポイントリリーフなんてシーズン中はやってこなかったこと。今日試したということは残り試合でもやる可能性があるということですが、数字的には鈴木は左打者を得意にしている投手ではないですし、吉田正は左投手を苦手にしている打者ではないです。今日一度抑えたからと言って次も大丈夫な保証はないですし、どこかでやられそうな気がします。3番手の東妻もナイスピッチング。明日以降のことを考えて杉本をノーヒットに抑えられたのは収穫です。

強がるのであれば山本由伸で負けるのは想定内の1敗です。今日はバファローズに負けたのではなく山本由伸に負けたのです。ただもう負ける想定はできませんので明日以降は勝つしかありません。明日は先発の美馬がしっかり試合を作って打線が今シーズン何度もやられた苦手田嶋を攻略する。まずは反撃の1勝をつかみ取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です