私の考えるCSファイナルの投打のキーマンはこの2選手!

CSファイナルの投打のキーマンを考える

見事CSファーストステージを突破したマリーンズ。水曜日からは日本シリーズ進出をかけて、そしてリーグ優勝争いで敗れたバファローズに対するリベンジのCSファイナルステージが始まります。バファローズは強いですしアドバンテージもありますので厳しい戦いになるは容易に予想できます。ただそれでもマリーンズの勝利を最後まで信じ、11年ぶりの日本シリーズに駒を進めて欲しいです。

勝ち抜くためにはもちろんチーム全員の力が必要ですし、特定の誰かが活躍しても勝てなくては意味がありません。おそらく井口監督にキーマンは誰かと聞いたら全員と答えるでしょう。ただこの厳しい戦いを勝ち抜くためには鍵になる選手が必ずいると思います。今回はマリーンズがCSファイナルを突破するために投打のキーマンを1人ずつ考えてみたいと思います。

投手のキーマンは先陣を切る石川!

投手のキーマンは第1戦の先発が有力な石川にしました。これはバファローズ第1戦の先発であろう山本由伸の影響も大きいです。やはり1勝のアドバンテージは相当大きく、初戦敗れるとその後の逆転の可能性は大きく下がってしまいます。ただ相手は難攻不落の山本由伸、そう簡単に得点できるビジョンは浮かびません。勝利のためにはロースコアの展開に持ち込むしかなく、そう考えると初戦の石川のピッチングが非常に重要となるわけです。

極端な話点が取れなくても取られなければいいのです。シーズン終盤の石川のピッチングを見れば十分山本由伸と渡り合うことは可能かと思います。ここ3試合バッテリーを組んできた田村が故障で離脱しましたのはマイナス点ですがそこは経験豊富な石川ならきっと大丈夫でしょう。先発投手が手薄ですのでもし最終戦までもつれたらもう1回投げる可能性もありますしね。まずは初戦、チームに勢いをつけるピッチングを期待します。

野手はミラクルを呼ぶ男に

ファーストステージが終わった段階で野手のキーマンは私の中では決まっていました。岡です。シーズン最終盤に何度もチームを救った男がファイナルステージのキーマンだと考えています。これは単にシーズン最終盤の良いイメージがあるだけではなく、打線全体を考えたときにそうだと思うからです。

ファーストステージではノーヒットだった岡。前を打つ山口が絶好調で後を打つ藤岡もしっかり役割を果たしていたので、岡のところで打線が途切れた感がありました。岡が凡退したから藤岡のところで申告敬遠とかありましたし。

藤原や角中の状態を考えれば岡を外すという選択肢はありませんので、ファイナルステージでは復活を期待しています。ただポジティブに考えれば全く打てなかったことで、いい感じに「溜まっている」と思います。岡はチームがピンチの時にこそ活躍してくれる選手。ファーストステージでは主役の座は譲りましたが、それ以上の厳しい戦いになるファイナルステージではきっとチームを救ってくれるでしょう。

これが私の考えるキーマン2選手です。ただもちろん全選手が活躍することを望んでいます。チーム一丸となってファイナルステージを突破しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です