CS初戦は劇的なサヨナラ勝ち!たまにはリリーフ陣を野手陣が救わなきゃね

2021年11月6日
千葉ロッテマリーンズ 5×-4 東北楽天ゴールデンイーグルス
@ZOZOマリンスタジアム

サヨナラ勝利で先勝!

最後はしっかり勝ち切った。
良いことも悪いこともありましたが短期決戦は結果が全て。一時はどうなることかと思いましたが最後は劇的なサヨナラ勝ちのナイスゲームでした。

シーズン2位の立場ですので引分けでも有利な立場ではありましたが、明日引分けでも勝ち抜けが決まることを思うと大きな勝利です。益田が9回表をしっかり抑え、ミラクルを呼ぶ岡が先頭打者で出塁した段階でこの勝利は宿命だったのかもしれません。もちろん決めた佐藤都志也はナイスバッティングで、決まった瞬間は興奮してよく見ていませんでしたが改めて映像見返したら非常に鋭い打球で驚きました。優勝を逃した仙台の試合では悔しい最後の打者になってしまった佐藤。その佐藤がこのCSの大事な初戦でも最後の打者になりましたが、今度は歓喜の輪の中心に。こうして考えるとプロ野球って物語がありますね。明日も良いところでの代打期待しています。

そしてもう一人のヒーローエチェバリア。ほぼぶっつけ本番の松井でしたのであのイニングは何かあるとは思っていましたが、正直に言いうと初球の空振り見て打てないだろうと諦めてました。まさかその次のボールであんな綺麗な放物線のホームラン打つなんて…。まるでシーズン30本くらい打っているような選手の打球でしたね。エチェバリアに関しては1年間観てきましたが本当に掴みどころのない選手で、これができるならもっと早くやってくれって感じです(笑)。

エースのピッチング

勝ちを付けてあげたかったというのは偽りざる本音ですが、それでも今日朗希が見せてくれた投球はまさにエースのピッチング。6回1失点としっかり試合を作りましたし、あの則本が霞むくらいのパフォーマンスでした。プロ入り最速の159キロをマークするなど1回からエンジン全開でしたが、調子自体は決して良くなかったと思います。ストレートは思ったところに投げれてませんでしたし、スライダーに関しては今日は全く使い物になりませんでした。私の印象では相手打線の7人並んだ左打者に投げづらそうで、いつもなら投げ切れる左打者のインコースの制球が良くなかったですし、ストレートがシュート回転して外に外れる場面が多かった気がします。逆に右打者相手は投げやすそうで、特に浅村相手の3打席連続三振は圧巻でした。

まあ良くなかったと言っておきながら6回10奪三振はまさに怪物。自身のエラーで1点取られましたことに関しては反省点ですが、まだプロ2年目ですしこのくらいの方が朗希も人間なんだなと安心します。そして未完成の20歳の投手がこのパフォーマンス、この先いったいどこまで成長するのでしょうか。

前に進むしかない

今日の試合の唯一とも言っていい懸念点はもちろん大乱調だった国吉。元々四球が多い投手で先頭打者四球もシーズン中何度もありましたが、今日はそれ以降も全くストライクが入りませんでした。相手のミスもあったので1点差で済みましたが相手のミスがなければあそこで試合が決まっていてもおかしくない程の内容で明日以降の心配材料です。もちろん立ち直って欲しいですしもう一度チャンスはあると思いますが、今日の内容では勝ち試合を任せられないです。もしダメそうなら短期決戦ですので調子の悪い選手は諦めてチームは前に進むしかありません。

満塁の場面でマウンドに上がった唐川、難しい場面であることは重々承知ですがさすがに初球のド真ん中を島内は逃してくれませんね。もっと慎重に入るべきでした。そして失点こそしませんでしたが千隼も怪しかったです。ただ千隼は負け投手となり優勝を逃したあの試合以来の登板でしたので、今日は無失点に抑えたという結果が全てでいいでしょうか。

たまには野手が救わないと

スタメンは昨日の私の予想通りで5番サード安田、6番ライト山口でした。マーティンと奨吾を入れ替えてきたのはやや驚きましたが前半戦はこの並びで勝ってきましたのでこれはこれでありでしょう。そして3回の逆転劇はやっぱりこの上位打線で、荻野マーティン奨吾で作ったチャンスをレアードが還す理想的な流れでした。その後の浅いレフトフライで還ってきた奨吾もナイス走塁です。やっぱりこの上位打線が機能しないと点は取れませんね。

安田は犠牲フライで打点を挙げましたが内容的にはイマイチ。今日の活躍をみれば明日のスタメンはエチェバリアですかね。ただ絶対必要な場面はきますので気持ちを切らさずに。山口はいい形で1本出ましたので明日は5番でしょうか。短期決戦ですのでいい選手から使うしかないです。

シーズン中はリリーフ陣に負担を強いてきたので、たまにはリリーフ陣を野手陣が救わなきゃいけません。そういう意味では今日は引き分けで終わらず勝利で終わったということには非常に価値があります。勢いが付く勝ち方でCSファーストステージ突破に大手。チーム一丸となって明日で決めましょう。

2 COMMENTS

じぃじ

はじめまして。でしょうか。
今日の佐々木朗の投球を、決して調子がよくなかったかも、と見るのは深い分析をされているかと思います。
私の目では、かなりの緊張の中、あれだけ腕を振って球が走り、強い球が投げられていること、ストライクゾーンに入るフォークが決まったところなどを加味すると、調子は良かった方だと見ています。ただ、スライダーはごまかし球であったこと、体が開いて結果往来のシュート回転ボールもかなりあったので、そこは課題かと思いました。
いつか千葉に行って生観戦したいです。
でも、遠いんでしよねぇ~(^-^;

返信する
chikuma

コメントありがとうございます。
土曜日の朗希はやはり良くなかったと思います。ストレートの制球もそうですがスライダーが全く使い物にならなかったので苦労してそうでした。逆に言えばそんな状況でもエラーでの1失点のみですし、改めてそのポテンシャルの高さを感じますね。
コロナ渦も落ち着けば是非マリンで朗希を見てみてください。私も前回観たときよりもさらに成長してくれていそうで、次を楽しみにしています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です