清田が千葉ロッテ球団を提訴したとのこと

いったい何をしたいんだ

清田元選手、ロッテを提訴 「契約解除は不当」―東京地裁:時事ドットコム (jiji.com)

マリーンズの選手ではなくなったので清田関連の話題はもう触れることはないと思っていましたが、球団が提訴されたと聞いたら話は別。記事によりますと清田側が契約解除は不当と訴えて、今日第1回口頭弁論が行われたとのことです。清田側の主張は「球団選手としての地位確認と「損害賠償金」の2点。賠償金の額は記事によってバラバラですが、1,100万円とか9,700万とか色々あります。まだわからないことが多いのですが、厄介なことをしてくれたということは確かです。

なぜ契約解除になったかはもう語るまでもないですし、球団の契約解除という判断に関して妥当だと思っています。ただ確かに昨オフに結んだ2年契約を一方的に契約解除するのはグレーゾーンかなという気もしていました。やっぱり労使関係的には雇われる側の方が強いので。まあ私は法律に関しては全くの素人ですので裁判の行方についてはこれ以上全く何も言えません。続報を待つのみです。

Twitterとか見ていると今日第1回口頭弁論が行われたとのことで提訴自体は9月くらい、おそらく8月31日の今季のNPB復帰期限が過ぎてから判断したのですかね。ただ今回の提訴は清田側の目的がイマイチわかりません。今回の提訴の目的が「NPBに復帰」ならこれは明らかに自らその道を閉ざす行為で愚策に思いますし、「金」が目的にしても請求額通りにいくとは思えませんし裁判費用とかもかかりますし。どう考えても得るものよりも失うものが多そうですが、清田が私たちの想像以上に頭が悪いのもまた事実。そこまで考えてないのでしょう。

球団はどうする

散々迷惑をかけてきたのに退団してもなお迷惑をかける、マリーンズ球団としては本当に迷惑な存在です。球団の選択肢としては徹底的に戦うor 和解の2択ですが、どうすればいいのか悩ましいところですね。ただ徹底的に戦っても幸せな結末は待ってないでしょうからどこかで和解することが現実路線でしょうか。手切れ金みたいな形でいくらか渡してもうお終いが正解かもしれません。はっきり言ってこんな争い時間の無駄で、球団には多少コストがかかってもさっさとこんな裁判は終わりにした方が絶対に得です。おそらく清田側からしたら裁判が最後の作戦で、一刻も早く裁判を終わらせて千葉ロッテマリーンズとの接点を無くしてしまいましょう。

CSを前にしたこの大事な時期に嫌なニュースでマリーンズが話題になったことには本当に腹立たしいです。そして球団史に残るような事態になってしまったことを残念に思います。何度も何度も裏切られてきた清田ですが、今回の件も本当に呆れますね。心の底から。

2 COMMENTS

西武ファンですが

何てこった

 こんな大事な時期にぶち壊し、でもロッテ応援してますから

 清田許せない

返信する
chikuma

コメントありがとうございます。どう考えても自業自得ですし、本当に何を考えているのかわかりません。こんなことでニュースになりたくなかったです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です