シーズン最後戦もエチェバリアのエラーと小野の痛打という見慣れた光景で敗戦

2021年10月30日
千葉ロッテマリーンズ 3−5 北海道日本ハムファイターズ
@ZOZOマリンスタジアム

見慣れた負け方

2021年のレギュラーシーズン最終戦もあっけなく敗戦。
それもエチェバリアのイージーゴロのエラーと小野の痛打、今シーズン何度も見た失点パターンです。
怒る気すらも失せ、ただただ敗戦を受け入れるしかありません。

打線は今日は得点こそありましたが全体的に低調です。
期待の安田藤原は今日もノーヒット、結果以上に内容が悪いです。
奨吾や藤岡といったレギュラー格も中身のない打席を繰り返し不安が残ります。
唯一の希望は山口が猛打賞で、CSは5番ライト山口と心中ですかね。

先発の本前はまあまあ良かったんじゃないでしょうか。
ストレートに力がありましたし変化球も甘かったですがストライクは取れていましたし。
来年に向け期待ができるマウンドでした。

荻野おめでとう

良かったことは荻野ですかね。
今日もスタメンで無事に全143試合1番でスタメン出場、怪我に泣いたプロ野球人生ですが11年目で初の全試合出場。
確実にしている最多安打に加えて盗塁も決めましたので盗塁王のタイトルも獲得です。
今年1年は本当によくやってくれました。

ファイターズの西川も盗塁を決めたので和田荻野源田西川の4人で盗塁王です。
まあこれの結果に関しては不服はないのですが、西川の盗塁は簡単にやられすぎじゃないですか。
小野は牽制入れてないですし、佐藤は初球から変化球を要求していますし、西川のスタート見て諦めたのかしっかり送球する気なかったですし。
裏工作があったのかと勘ぐりたくもなりますし、むしろそうじゃないとこのバッテリーのレベルが相当低くなってしまいます。
そして和田も荻野のタイトル横取りするようなマネはしないと思いますので、1打席くらい立たせてあげても良かったのではないでしょうか。
そこも謎です。

レアードは打点王にあと一歩届かず、まあこればっかりは仕方ないですね。
打点なのでレアードの前にチャンスを作らないといけませんが、それができませんでした。

お疲れ様でした

昨日引退が発表され今日が最後の登板となった南。
7回表からマウンドに上がり魂の籠った全球ストレートで空振り三振を奪う見事なマウンドでした。
ボロボロになるまでやることを悪いとは思いませんが、まだまだ投げれるうちにファンにその姿を見せて引退するのは選手生活の最後として良かったとは思います。
本当に11年間お疲れ様でした。

そしてファイターズの栗山監督も今年で退任。
賛否両論を集めた監督でしたが、新しいことにも先入観に囚われず積極的にチャレンジする姿勢は好きでした。
こちらも10年間お疲れ様でした。

これで2021年のレギュラーシーズンは終了です。
開幕5連敗で始まったシーズン、最後は優勝争いをするも力尽き、悔しさが上回るシーズンになってしまいました。
至る所にチームの成長と課題が垣間見え、また来シーズンへの肥やしとしてもらいましょう。
CSがありますがとりあえずここで一区切り、1年間お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です