冷え切った打線がなす術なく

2021年10月29日
千葉ロッテマリーンズ 0ー5 北海道日本ハムファイターズ
@ZOZOマリンスタジアム

 

CS前に冷え切った打線が…

この時期のマリンのナイトゲームですので防寒対策は入念にして今季最後になる可能性が高いマリンに挑みました。
幸いなことに寒さに関しては大丈夫だったのですが、問題なのは10月末の夜空よりも冷え切っていた打線。
今日はこっちにやられました。
ファイターズ投手陣になす術なく、そして入念な防寒対策もこの冷え切った打線にはなす術なく。
一つもいいところなく2安打完封負けです。

2安打しか打ってませんので誰が悪いとかはないのですが、やはりスタメン起用された安田藤原山口といった若手たちの活躍が見たかったですね。
CSに向けて戦力の上積みがあるとしたらこの世代の選手たちしかないのですがみんな仲良くノーヒット。
そして
8回の同じく若手の小川と佐藤都の二者連続見逃し三振にはがっくりきました。
チーム全体が打ってないから自分たちも打てなくても仕方ないとでも思っているのでしょうか。
いつまでも中堅やベテランにおんぶに抱っこでは世代交代は進みません。

攻撃での唯一の見所が荻野の牽制タッチアウトに対するリクエストとはなんとも悲しいものです。
結果はセーフでしたがあれだけ警戒されていたらその後もスタート切れず。
自力じゃ出塁できないだろうと消化試合にも関わらずスタメンを外れた和田を含めて盗塁王争いの行方は明日に持ち越しです。
完封負けですのでもちろんレアードの打点王の行方もですね。

負けをつける内容ではなかった

プロ初の負け投手となった河村ですが、負けがつくような内容ではなかったかなとは思います。
淺間に打たれたホームランはちょっとコースは甘かったですがそこまでの投げミスとは思えませんし、あれは打った方を褒めるべきです。
それ以外もランナーを出す場面はありましたが後続はきっちり打ち取り危なげない内容で5回1失点。
観ていてもボールに角度と強さがありましたし、しっかり加藤の要求通り投げれていました。
この内容なら優勝争いの最中で投げさせたかったです。
CSファイナルまで進んだら確実に先発機会はあると思いますので、その時に備えていい調整を。

一方で問題なのは田中靖洋、試合を決定的にする4失点でこれで5試合連続失点。
さすがに今の田中に前半戦のような信頼は置けません。とりあえずCSには戦力として数えられないでしょう。好きな投手なのですが年齢的になこともありますし、このまま序列がズルズル下がらないことを祈ります。

逆転CSベンチ入りも

今日初めて現地で見ましたが横山は良かったですね。
ボールに勢いがありましたし、今日に関しては制球もまとまっていましたし。
2軍でいい時間が過ごせたのでしょう。
もしかしたら逆転でCSベンチ入りもありそうです。

鈴木もピンチをこそ作りましたが無失点でしたし、なによりも近藤から三振を取ったのは評価したいと思います。
やはり個人的には鈴木はリリーフ派、そして1イニングを任せられる投手になって欲しいですね。

今日はなんとも寂しい負け方で、CSに向けて不安を残す内容になってしまいました。
レギュラーシーズンは残り1試合しかありません。
明日はいい内容で勝ってCSに勢いをつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です