有意義なシーズン残り2戦を

V逸から1日経ったが…

昨日の敗戦から一夜明けますが、まだ優勝を逃したショックが抜けません。
今年こそリーグ優勝を、そう強く願っていたのでじゃあ次はCSへと簡単には切り替えられませんね。
もちろんCSはCSで応援はしますが、このリーグ優勝がかかった最終盤と同じ熱量が持てるかどうか自分の中では半信半疑です。

優勝する気しかありませんでしたのでCSファーストラウンドの先行抽選は申し込みませんでした。
一般販売もあるみたいですがかなりの競争倍率でしょうし、おそらくCSはネットで観戦になりそうです。
日本シリーズ進出の可能性はまだありますがもし進出してもチケットが取れる保証はないですので、優勝のXデーと睨んで購入した明日のチケットが今シーズン最後のマリンになることが濃厚です。
球団公式のチケットリセールサイトのチケ流を除いてみると、一昨日くらいまで明日明後日のチケットが恐ろしいくらい高額な値段設定で出品されていましたが、今日見てみると明日の試合のチケットがほぼ定価で大量に出品されています。
熾烈な優勝争いが一転し消化試合になってしまったのでその気持ちもわかりますが、今シーズンの感謝を伝えにいく意味を込めて私はもちろん明日もマリンには行きます。

予想が外れた

ホームでの残り2試合が消化試合になった段階である予想を立てていました。
それは鳥谷の引退試合が組まれるのではないかということ。
イースタンの試合が終了して以降はフェニックスリーグにも参加しておらず音沙汰なし。
間違いなくCSの戦力にも考えられていないでしょう。
確実に来シーズンについては話し合いはされているはずですし、年齢的なこともありますし個人的には今年で引退の可能性はかなり高いと踏んでいます。
発表があるなら今日かなと思っていましたが1日何も情報はありませんでしたね。
予想が外れました。

まあ無理に意味合いも持たせなくても良いので、CSに向けそして来季に向け有意義な2試合にして欲しいです。
まずは出場機会が少なかった若手へ出番を。
そして個人タイトルがかかっている選手もいますのでそこのアシストを。

益田のセーブ王と荻野の最多安打はほぼ確実ですので、残るは和田と荻野の盗塁王の行方。
源田と和田が24個で並んでいる盗塁王争いですが、荻野と西川が23個で1個差に迫っています。
できたら和田と荻野が同数で盗塁王のタイトルをと思うのですが、西川との兼ね合いもありますし和田も配慮するのが難しいところです。
もちろん和田のアピールポイントは脚ですので、自分の価値を高めるためにどんどん走って良いと思いますけどね。

そして今日石川と美馬が抹消になっていました。
石川は意外でしたが今日抹消すればCS3試合目には登録できますのでそういうことなんでしょう。
わざわざ2人分枠を開けたということはもしかしたら誰か合流すのかもしれませんね。
まだまだ2021年シーズンは続きますのでマリーンズには消化試合などありません。
明日の試合も有意義なものとなることを願い、マリン参戦を楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です