田村とともに優勝を

田村が抹消

田村選手の診断結果について|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

全日程を終了したバファローズが全員抹消していたのに紛れて、田村がしれっと抹消されていました。
昨日の試合ベンチ外だった段階から嫌な予感がしていましたがやはりダメでしたね。
左腹斜筋損傷、おそらく完治するころには今シーズンが終わっているでしょう。
この時期ですのでもしかしたら来シーズンまで響くかもしれませんね。

今回の怪我は昨日の練習中とのことですが、ずっと腰も悪かったみたいなので騙し騙しやっていたというのが現実でしょう。
やはり試合に出続けるコンデションではなくそれで加藤のスタメンマスクが増えていたと考えるのが自然で、今回の怪我も腰が万全ではなく十分なトレーニングができず起きてしまった怪我かもしれません。
24日の試合で素晴らしい活躍をし残り試合は田村でと思っていた矢先の怪我でショックは隠せません。

なんとなくですが優勝するときはマリンで、マウンドには益田、キャッチャーは田村みたいに考えていました。
加藤の貢献も非常に大きいですが2021年のマリーンズの捕手陣の中心は間違いなく田村ですので。
マリーンズの優勝を切望していた選手ですしここでの離脱は本人が一番悔しいでしょう。

残り3試合は加藤、佐藤都、柿沼の3人で乗り切るしかありません。
佐藤都と柿沼もそうですが、移籍してきた加藤もWikipediaで成績を読む限りですとドラゴンズ時代はシーズン終盤戦の経験は少なそうで、優勝かかるこの状況で捕手陣の経験値不足の感は否めません。
まあそうは言ってもやるしかないので、田村の思いを背負って精一杯プレーしましょう。
田村とともに優勝を。

相手にとって不足なし

明日の予告先発は小島と則本。
まず小島ですがここ2試合連続で9回を投げ抜いて勝利を収めている相手ですので良いイメージはあります。
ただイーグルスサイドからしたら同じ相手に3回連続やられることは阻止したいはずですので、そう簡単にいくとも思えません。
油断は禁物ですが、それでもきっと小島ならやってくれると信じています。

対するイーグルスの先発は則本、NPBに屈指の好投手で難しい相手です。
ただ人それぞれ捉え方があるでしょうが、私は相手にとって不足なし、むしろ則本で良かったくらいに思っています。

理由としては自信と勢いが欲しいから。
勝率5割6分くらいのチームが残り3試合で3勝または2勝1分けが必要ですので明日の試合に勝つだけではダメですし、普通にやったら優勝できません。
この状況ですので大事なのは技術よりも精神力、そして欲しいのは則本を倒したという自信と勢いです。
これらを手に入れれば残り2戦に向け大きなアドバンテージにきっとなるはずです。
これがもし残り1勝の状況だったら則本相手は嫌ですが、残り3試合の初戦であれば歓迎しますね。

運命の1週間も半分が過ぎ、残り3試合。
泣いても笑っても、残り3試合。
全部勝って終わろう、残り3試合。

この1点を、この1勝を、そして優勝をつかみ取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です