マリーンズに関わる全ての人にとっての運命の1週間へ、いざ。

来週には全ての決着が着く

およそ2ヶ月に渡り繰り広げられたマリーンズとバファローズの優勝争い。
もつれにもつれマリーンズが残り6試合、バファローズが残り1試合となったこの段階でもどちらが優勝するか全くわかりません。
ただ決着の時はもうすぐで、来週の明日には勝者と敗者がはっきりします。
いざ運命の1週間へ。

この優勝争いの佳境に3日も試合がないと変な感じがしますね。
早くこの優勝争いの行方を知りたいという気持ちもあれば、胃の痛くなるような試合を見なくても済むという安心感もあり…。
私も初めての経験をさせてもらっています。

大事な1週間の初戦は朗希が先発を任されました。
今や名実ともにマリーンズの先発の柱ですし、この起用は妥当なところでしょう。
展開にもよりますが最終戦まで優勝の行方がもつれた場合には朗希が中6日で行くみたいですね。
まずは明日は朗希の好投でチームに勢いをつけたいですし、できたら朗希が投げなくて済むように5連勝で優勝を決めたいところです。

佐藤都志也の外野出場について

主力選手は束の間の休息でもありますが、1軍の若手はフェニックスリーグに弾丸参戦しました。
雨天中止の影響もあり1試合しかできませんでしたが、打席が巡ってこない選手も多いので実戦感覚を確かめられたのは大きいはずです。
そんな中スコア見ていると佐藤都志也がライトを守ったみたいですね。
打撃活かすためのオプションでしょうし確かにライトのポジションは埋まっていませんが、もし慌ててやっているのだとしたら個人的には賛成できません。

理由はまず昨日のライオンズ山野辺の様に付け焼き刃でできるほど外野は甘くないと思うから。
やるんだったら先を読んでオリンピックの中断期間中に仕込んどくべきでした。
そしてもう一つは、これはよく言われていることではありますが佐藤は打てるキャッチャーとされていますがそれはキャッチャーの中では相対的に打てるだけで、外野手として見たら打てる選手かどうかはまだ微妙なところだと思います。
さすがに残り試合でライトスタメンはないと考えます。

ただ2年前に正捕手候補としてドラフト2位で獲得した佐藤都志也ですが、今年のドラフト1位で高校生捕手の松川選手を獲得しているあたりを見ると、球団の意思としては外野コンバートが基本路線なのかもしれません。
確かに守備の負担が減って打撃に集中できる様になれば成績向上は見込めますし、ホークス栗原の様にもしもの時の第3の捕手という起用も考えられます。
走力もあり肩も強い、打撃がもっと良くなればすぐにレギュラーなんてことも夢じゃないです。

正確に言えば私が反対しているのは、佐藤を今後捕手として育てていくのに今ライトのポジションが空いているから行き当たりばったりの付け焼き刃で外野挑戦させていることです。
なのでもし佐藤を捕手としてではなく打撃を活かした野手として育成していくと決めたのであれば、まだジーズン中ではありあすがこの時期の外野手挑戦は頷けます。
そのあたり球団が各選手にどういうビジョンを持っているのか気になるところで、個人的にな今オフの宿題にしたいと思います。

ではマリーンズに関わる全ての人にとって運命の1週間の前、残りわずかとなった最後の休息を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です