今日の二木だけは許せない

2021年10月16日
千葉ロッテマリーンズ 4−10 福岡ソフトバンクホークス
@ZOZOマリンスタジアム

さすがに許せない

火曜日の小島の姿によってチームが一つにまとまり、昨日も岡のサヨナラホームランといい流れで迎えた今日の試合。
ただ幸先よく先制するも2回途中5失点と二木が試合を壊してしまい、優勝がかかるシーズン最終盤にふさわしくない試合となってしまいました。
勝ちたかったのはもちろんそうですが、調整期間を十分与えられたはずなのにこの内容、そして何よりチーム背負って投げた小島の気持ちを踏みにじるような投球をした二木はどうも許せません。

二木についてあまり述べることのないのですが、ここ最近はとにかくボールが甘い。
140キロそこそこの球速しか出ないので完璧なコントロールが求められますが、左右高低どれをとっても中途半端です。
スライダーやカーブでカウントが稼げればいいのですがそちらはストライクゾーンに投げることができず。
田村からも一体どうしたらいいんだという雰囲気が伝わっていました。
中途半端なストレートとフォークだけではこの結果も当然かなといったところです。

これで二木はシーズン中はもちろんですが、CS以降も出番はないでしょう。
ローテの柱と期待された今シーズン、最後の登板がこれとは何とも悲しいもです。
自分の弱さを見つめ直し、来シーズンはまた一から出直しなりそうです。

粘れなかったリリーフ陣

リリーフ陣が粘れたらまた違った展開になったのでしょうが、ズルズルいってしまいましたね。
二木の後を受けた小野はまだよかったのですが、3番手の鈴木が3回3失点と少し誤算でした。
まあ3週間ぶりの登板になってしまったので大目に見てあげたいところもありますが、鈴木にとってはせっかく回ってきた登板機会を活かせませんでしたね。
悔やまれるのは栗原のホームラン、簡単に二死をとった後だけにもったいなかったです。
もちろん直接の敗因は二木ですが、試合の行方を決定づけたのはあのホームランでした。

試合後半投げたハーマン、東妻、田中靖洋もピリッとせず。
展開のせいもありますがホークス打線を活気づけてしまったのは明日以降を考えても痛いところです。
リリーフ投手も結構使ってしまいましたし補充も必要そうで、投手陣にとっては本当にいいところがありませんでしたね。

切り替えてまた明日

昨日のヒロミナイトの余韻なのか打線は初回の先制攻撃は見事でした。
レアードの2点本塁打で先制、今週4本目の先制打とここにきてさらに勝負強さに磨きがかかっています。
今日5番に昇格した山口も目の覚めるような一発で続きましたし、3点取れたときはこの試合もらったと思ったんですけどね…。

打てなかったのもそうなんですが、気になったのは走塁ミス。
4回裏の悪送球間に佐藤が3塁を狙ってタッチアウトになったプレーは大きなミスですね。
3点差でしたし次の塁よりもランナーを貯めないといけないシチュエーションで、あそこは自重するべきでした。
前にも同じような走塁ミスがありましたしその時も書きましたが、積極性は買いますが正捕手を目指すのであれば常に状況把握と冷静にプレーできないとダメです。
昨日の小川の走塁死を含め、スタメン以外の経験値のなさが仇とならないといいですが。

さて、今日はマリーンズが負け、バファローズが引き分けでマリーンズの優勝マジックは8で変わらず。
まあバファローズとしても先発山本由伸で勝てなかったのは痛いでしょうが、終盤追いついて負けなかったのはマリーンズにとっても痛いです。

そして明日のホークスの先発は千賀。
前回は全く打てませんでしたし嫌な相手ですが、ここを乗り越えないと優勝はありません。
やることやって切り替えてまた明日です。

2 COMMENTS

ロッテ墓

同じく二木に腹立たしい。もう来季にかけた色んな再生なりリハビリに入って欲しい。
走塁、昨日の小川、今日の佐藤は相手の甲斐は手ぐすね引いて、網掛けしてるみたいなのだから前がかりなのも時と場合です。せめて昨日見てたら今日の佐藤場合暴走です。
明日千賀ですがあまり気にせず、潮目引き寄せをクイックで我らの側に戻しましょう!

返信する
chikuma

昨日の二木には皆さん同じような気持ですよね…。
二木はここ最近の内容考えたらCSでの登板はないでしょう。
西野種市の復帰、森の支配下登録やドラフトで廣畑も獲りましたし、来シーズンはポジションの確保から始まりそうですね。
今日は中止になってしまったので、全力でファイターズを応援します

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です