今日も投打がかみ合い快勝!優勝マジック9とともにマリンに帰還!

2021年10月14日
千葉ロッテマリーンズ 6-1 オリックスバファローズ
@京セラドーム大阪

首位攻防戦第3戦もマリーンズが勝利しM9点灯

まだ順位表のうえでは2位、しかしマリーンズに遂に優勝マジック9が点灯しました。

今日も投打とも相手を圧倒しての勝利で勢いは完全にマリーンズにあります。
天王山の首位攻防戦を制しマジックともにマリンに帰還、優勝へ向け最後のラストスパートです。

今日の勝利の大きな要因も打線が繋がったことでしょう。
宮城から初回にレアードのタイムリーで先制に成功、いつもならこの1点で終わるところにエチェバリアのタイムリーでさらに2点取れたのが試合を決定付けたと言っていいでしょう。
2回の奨吾のタイムリーも宮城としては完璧に体制を崩したチェンジアップでしたがそこは奨吾が一枚上手でした。
あれで宮城を立ち直る機会をなくしましたね。
3回には山口と藤岡の連続長打、6回には岡のホームランと下位打線でしっかり追加点を取れて盤石の試合展開。
昨日今日は見ていて惚れ惚れするくらいの攻撃です。

昨日も書きましたが奨吾の活躍が好調の打線の大きな要因でしょう。
初回は先制点の足掛かりになり2回には前述のとおり見事な追加点。
奨吾が2021年のマリーンズの心臓だと改めて感じますね。

大事な試合で真価を発揮する朗希

朗希と宮城、高卒2年目同士の先発となった最後の直接対決ですが、宮城がマリーンズ打線の前に不本意な内容となった反面、朗希はここでも見事な好投で改めて世代ナンバーワンのポテンシャルの持ち主だということ証明しました。
本人も口にしていましたが調子は間違いなく悪かっと思います。
初めての中6日が原因かそれとも大一番の緊張感が原因かわかりませんが、ストレートと変化球ともに制球が甘くヒットもそこそこ打たれていましたので序盤は見ていてヒヤヒヤでした。
しかしながらストレートは最速158キロ、甘いとはいえ大きな落差の140キロ以上のフォークは健在で、ランナーを許すも失点は許さないピッチング。
まだ未完成の朗希の悪いときでこれですから、これからさらに成長すればもっともっと凄い投手になる、そう確信できる内容でした。

朗希は初の中6日でリリーフ陣も登板間隔が空いていましたからここでの継投は納得です。
唐川は微妙なストライクボールの判定に左右されましたがそこはさすがで無失点で切り抜けます。
ハーマンも無失点でしたが捉えた打球が多くヒヤヒヤしましたし、やはり勝ちパターンだと厳しいですかね。
東妻はホームランが余計、それ以外はナイスピッチングでした。
この3連戦勝ち越したわけですが国吉千隼は登板なし、益田も1試合だけと勝ちパターンをそれほど使わずに終えることができました。
8連戦中ですので勝ちながら休めるのは非常に大きい、先発投手陣と打線はよく頑張りました。

まだまだ厳しい戦いは続く

気になるのはマーティンの状態。
今日の2打席目で怪我した場所とほぼ同じ場所に自打球を当て苦悶の表情。
いくらレガースをしているとはいえあのスピードの硬球が当たれば絶対痛いですし、そもそも骨はまだ折れているわけですし。
おそらくマーティンが交代を嫌がって最後まで打席立たせたのでしょうが、点差もありましたし嫌われてもそこは監督がベンチに下げることを決断すべきだったでしょう。
明日以降何もないことを祈ります。

当たり前ですがマジック点灯=優勝ではありません。
まだ順位表では2位ですしバファローズが残り試合を4勝4敗の場合、マリーンズは7勝4敗が必要ですので厳しい立場は続きます。
もちろんマジック点灯は喜ばしいですが切り替えてまた明日からのホークス戦です。

これでバファローズとは対戦終了、残り試合はホークス戦とファイターズ戦が4試合ずつ、ライオンズとイーグルスが1試合ずつです。
一応ホークスにもCSの可能性は残されていますが絶望的な状況ですので、下位チーム相手の残り10試合です。
この時期の下位チーム相手との試合程嫌なものはありません。
向こうは負けても失うものはなし、こちらは優勝のプレッシャー、油断していると確実にやられますね。
明日からは逆転CSの可能性を残すホークス相手、受け身に回ったならダメですのでこちらも攻める気持ちを忘れずに。
大丈夫今のマリーンズならきっと勝てます。
さあ優勝へここから本当のラストスパートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です