小島にかける言葉が見つからない

2021年10月12日
千葉ロッテマリーンズ 2-2 オリックスバファローズ
@京セラドーム大阪

大事な首位攻防の初戦は痛すぎる引分け

言葉が見つからないとはまさにこのこと。

ロッテ小島1球に泣く「自分が抑えていれば勝てた試合だった」 – プロ野球 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

「自分が抑えていれば勝てた試合だったので本当に申し訳ないです」、今日も素晴らしいピッチングを見せてくれた小島にこんなコメント出されてまた少し呆然としてしまいました。
大事な大事な最後の首位攻防戦の初戦は、マリーンズにとって痛すぎる引分けです。

この大事なカードの頭を任された小島、8回2失点ですので十分役割は果たしたと思います。
いつも通り冷静にかつ強気で攻める、小島の良いところが前面に出たピッチングでした。
ただ小島の気持ちを思うとナイスピッチングとも言えないです。
宗のホームランは確かに失投、それも一番避けなきゃいけない結果ですので。

もちろん8回から継投すべきだったとは思いませんし、今日やここ最近の内容を思えば小島を攻める気持ちなど全くありません。
今日のマウンド上での小島の姿はチームを背負うエースそのものでした。
そういえば去年の今頃はCS進出のかかった大一番で先発し2回でマウンドを降りていましたがそんな小島の面影はどこにもありません。
試合後見せた悔し涙には中心選手という自覚と責任からでしょう、改めて成長を感じました。
まだ登板機会はあるでしょうから切り替えて次に備えて欲しいです。

前述の通り小島を責める気には全くなりません。
そうなると必然的に怒りの矛先はエチェバリア、結局その前の太田の出塁が余計でしたね。
打球もそこまで速くなく完全に守備範囲内、イージーゴロとはいいませんが処理しないといけない打球です。
もちろんエチェバリアにしかできないスーパープレーでチームを救ってきましたが、対照的に今日の様になんて事のないミスも目立つ選手。
あの雑なプレーでこの大事な1戦の結果が左右されたと思うとなんとも悔しいものです。

2点の壁を越えろ

あとは打線も結局2点止まりなのが痛かったです。
その得点もレアードのホームランと荻野と奨吾の連打で取った2点だけで、繋がりを欠き田嶋に抑え込まれました。
もちろん田嶋が良かったのは思いますが、それでも今シーズン何度も対戦している投手で同じようにやられていてはダメです。

ここ最近は打線が2得点までしか取れない日が目立ちます。
もちろん相手投手の好投の要因もありますが、さすがにこれでは勝つのは厳しいです。
荻野は相変わらず元気ですし打線全体としてはどん底は抜けた感はありますので、一刻も早くこの2点の壁を越えて下さい。

ちなみに今日は3本併殺打がありましたけど、それは仕方ないかなと思います。
結局打たなきゃ点は入りませんし、併殺を恐れて消極的な采配をする方が相手の思うツボ。
挑戦者の立場なので明日以降もあくまで強気な采配を期待します。

連勝しかなくなった

益田があんなに素晴らしいストレートで試合を締めたのに全く気持ちが晴れない、この試合は勝利が全てでした。
いくら嘆いても時間は戻らないのですが、どうしてもあの8回裏を悔やんでしまいますね。

これで残り2戦は2連勝しかなくなりました。
まあもともと負けたら終わりと考えていたので明日以降も気持ちの面では大きくは変わりませんが、立場は確実に不利になっています。
どうやって明日勝つか、それだけを考えましょう。

明日は石川と山崎福のマッチアップ。
基本的には石川がバファローズ打線をどれだけ抑えられるかが勝負だと思います。
そのうえで打線が相手よりも1点多く得点を取れるか。
今日の小島の姿を見て奮起しないようでは
もう優勝なんて口にできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です