ドラフト1位は市和歌山の松川虎生!2021年千葉ロッテマリーンズのドラフトを振り返る

2021年ドラフト会議
千葉ロッテマリーンズ指名選手
1位 松川 虎生 (17) 捕手  市立和歌山高校
2位 池田 来翔 (21) 内野手 国士舘大学
3位 廣畑 敦也 (23) 投手  三菱自動車倉敷オーシャンズ
4位 秋山 正雲 (18) 投手  二松学舎大学附属高等学校
5位 八木 彬  (24) 投手  三菱重工West

 

育成ドラフト
1位 田中 楓基 (18) 投手  旭川実高校
2位 速水 将大 (21) 内野手 富山GRNサンダーバーズ
3位 永島田 輝斗(18) 投手  立花学園高校
4位 村山 亮介 (18) 捕手  幕張総合高校

1位は市和歌山の松川虎生を単独指名

率直な感想は驚いたの一言。
2021年のドラフト1位は市和歌山の松川虎生選手でした。

井口監督は昨日の試合後に「高校生投手 or 大卒・社会人のリリーフ投手」とコメントしていました。
まあ監督就任4年目で思考パターンはある程度は読めるので、報道陣の前でこう言ったということは「高校生投手 or 大卒・社会人のリリーフ投手」以外に行くのは容易に想像でき、ここ近年のドラフト王道路線を踏まえて個人的には即戦力の先発投手の隅田投手にいく想定でした。
そこでのまさかの高校生捕手、「さすがにそこまでは読めないよー」というのが本音です。

ただ松川くんは今年の高校生捕手で一番の評価。
長打力も兼ね備えた強打者ですし、捕手としての守備面でも評判はいいです。
外れ1位で競合する可能性はありましたし、運よく2位まで残ってもマリーンズの指名順までには確実に消えています。
絶対に欲しいなら1位しかないですしその枠を使ってでも欲しい選手だった、その考えは間違っていないでしょう。

今年前半は捕手に泣いたマリーンズ。
田村が怪我で離脱したときは結構悲惨でしたし、シーズン途中で加藤を獲得して急場は凌ぎましたが長期的に見たら課題のポジションです。
さすがに即戦力とは思いませんが、来るマリーンズ黄金時代の到来に向けては非常に良い指名だったのではないでしょうか。

2位は強打者の池田選手!3位は即戦力投手の廣畑投手選手!

2位指名は国士館大学の池田選手。
ポジションはセカンドあるいはサードで強打の内野手という評価、奨吾の後継者あるいは安田のライバル候補といった感じでしょうか。
ここ数年は大学・社会人の内野手は毎年獲得していましたが、右打者ですし少しタイプが違うでしょうか。
千葉出身というのも好感が持てますし、1年目から内野手争いに良い風を吹かせて欲しいです。

3位は三菱自動車倉敷オーシャンズの廣畑選手。
どの媒体もドラフト1位候補という評価だったのでこの順位で取れたのは意外でした。
魅力は150キロ台を連発するストレート、変化球も水準以上でまさに即戦力です。
個人的にはリリーフタイプかなと思いますがもちろん先発も行けるでしょうし、どう起用するか気になります。

4位は高校生左腕の秋山選手!5位は即戦力リリーフの八木選手!育成ドラフトは4選手を指名!

4位には二松学舎大学附属高の秋山選手。
甲子園で観たときに小柄だけどいい投手だなと思った印象がありますし、2015年の成田以来高校生左腕の指名がなかったので良い指名だと思います。
5位には三菱重工Westの八木選手。
お恥ずかしながら初めて知りましたが、150キロ以上のストレートをフォークが武器とのことで、廣畑選手同様にこちらも即戦力として期待します。

育成ドラフトは4選手を指名。
育成1位の田中選手はまだ線が細いですが将来性ある高校生投手ということで期待です。
育成2位の速水選手はすみません知りません。何かいい武器があると面白いですね。
育成3位の永島田選手も知りませんでしたが、ストレートのスピードはあるみたいなので時間をかけて育ててみては。
育成4位の村山選手も強打の捕手ですが、1位で松川選手を指名したのでこちらはコンバートありきですかね。長距離砲に是非なってください。

個人的な2021年ドラフト評価

サプライズはありましたが現在と将来のバランスが取れたドラフトで個人的には高評価です。
欲を言えば高校生の身体能力が高そうな外野手が欲しかったですが、言い出すとキリはないですので仕方ないです。
点数をつけるとしたら100点満点中90点くらいですかね。
一応今日は交渉権の獲得までですので全員が入団してくれることを祈ります。

一足先にはなりますが最後に一言。
ようこそ、千葉ロッテマリーンズへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です