数字以上に遠のいた首位の座

2021年10月8日
千葉ロッテマリーンズ 0–9 北海道日本ハムファイターズ
@札幌ドーム

完敗ですね

何にも言葉が出てきません。
攻守ともに良いところなく完敗、まだゲーム差は2.0ですが数字以上に首位の座が遠いです。
まだ諦めたくはありませんがどうすれば良いのか、私の中で答えが見つかりません。

攻守ともにマズいのですが、どちらかというと深刻なのは打線。
各打者の調子が良くないのはもちろんですが、打線として繋がりが一切ないのが危機的です。
比較的元気なのは荻野とエチェバリアですがその2人は離れていますし、クリーンナップで奨吾の1本だけではさすがに点は取れません。

選手もそうですが監督もどうにかしないといけない状況なのに昨日と全く同じスタメンを組んでいるのはいかがなものか。
もちろんスタメンを変えても打てなかった可能性は高いですが、このまま戦っていてもダメなことに目を背けてる様に思います。
2年連続この終盤での打線の大失速、原因はいろいろあるとは思いますがなんとも悲しいものです。

止まらない止まらない

打つ方も悪いが投手陣も今日はダメ。
途中から何でも良いから失点を止めてくれと思っていましたが、それも虚しく2回から8回まで毎回失点でした。
とりあえず先発の岩下はフォークが甘かった、それに尽きます。
もちろん良いフォークも多くありましたがそれ以上に打たれた甘いフォークが脳裏をよぎります。
岩下レベルなら試合中に修正できないといけないんですけどね。

リリーフの田中靖洋も東妻のも失点の連鎖を止められず。
今日に関しては点差もありましたし集中力が切れていましたね。
まあその気持ちはわかりますが、最後まで見ているこっちの気持ちも考えてほしいですね。

数字の上ではまだいけるけど

今日は完全に愚痴ばかりなってしまいました。
ただポジティブな内容が全くないので許してください。

数字の上ではまだ優勝の可能性は全然あります。
ただ問題は戦っている選手たちから覇気を感じられません。
井口監督をはじめ首脳陣も心のどこかで諦めてはいないでしょうか。

終わりよければすべてよしとは言いますが、逆を言えば終わりが良くなければすべてダメ。
ファンの私から見たら今シーズンのマリーンズは頑張っていたと思います。
その過程をすべて無駄にするような試合は見たくありません。

もうこの言葉を書くのは何度目かわかりませんが、切り替えてまた明日です。
明日こそは勝ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です