前を向いて胸を張って戦う姿勢を見せてくれ

2021年10月2日
千葉ロッテマリーンズ 1-6 東北楽天ゴールデンイーグルス
@楽天生命パーク

ああ泥沼4連敗

チームとして戦う姿勢を見せてくれ、というのが率直な感想。
打てない守れないそして簡単に打たれる、
嘆くことしかできない泥沼の4連敗です。
何かきっかけがあればとも思うのですが全く復調の兆しが見えません。
一体どうしたら勝てるのか、監督や選手は必死に答えを探しているはずですが迷宮入りの無理難題にも思えてしまいます。

今日に関して言えば完全に二木が試合を作れなかったことが敗因です。
初回の山崎の先頭打者ホームランと5回の追加点となる辰巳のホームランが痛すぎました。
登板した試合のほとんどでホームランを打たれているにもかかわらず進歩の全くないのは見ていて不愉快です。
正確無比なコントロールを持っていれば話は違うのでしょうが、山﨑のホームランはほぼ真ん中の139キロのストレートをスタンドに運ばれておりとても1軍の選手とは思えない内容。
現代プロ野球でストレートの平均球速が140キロくらいの投手が生き残るのは難しいのかもしれませんね。

これだったら河村を見たかったという感想しか出てきません。

野手もこれでは厳しい

ヒット5本で1得点では先発が完封する以外勝ち筋がありません。
上位打線も下位打線も完全に機能停止しておりどこから点を取っていいのやらといった状態。
初回以外は先頭打者の出塁を許していないあたりは岸にうまくやられたという気もしますが、単純に岸の好投に白旗といった感じでもないですね。
打線も何とかしそうとしているのはわかりますが結果が全ての世界ですので、明日があると擁護してばかりともいかないでしょう。

せめて打てないのであれば守備はしっかりしてればいいのですが、点に繋がったもの繋がらなかったものを含めミスが多すぎます。
レアードに関しては打力的に外すことができませんし、DHで佐藤都志也を使いたい以上守備に就いてもらうしかないですし。
奨吾のあんなイージーエラーも集中力を欠いているとしか言えません。
相手のミスにうまく付けこんで勝利を重ねていたチームがまさに逆のことをしている現状。

打てない、守れないでは野手もこれでは厳しいです。

さあどうするマリーンズ

負けることよりもチーム復調の兆しが見えないことの方が辛いです。
さあどうするマリーンズといったところでしょうか。

選手たちは必死にはやっているとは思うんですが、空回りしているというかうまくいきません。
とりあえず選手を変えてみるしかなく、個人的にはあえて明日のスタメンマスクは田村でいいのではないかと考えています。
加藤が悪いとかいうわけではなく純粋に攻守ともに流れを変えるしかなく、田村ならどちらにもに影響力がありますので。
あとは何度も言っていますが2番藤岡。
ここまで打てないと単純に2番に送りバントとかさせても無駄ですし、得点パターンとしては1番荻野が出て2番が打って繋いでクリーンアップが犠牲フライでも内野ゴロでもいいから点を取るくらいしか思いつきません。
その打って繋ぐ2番は現状藤岡が適任だと思います。

4連敗は開幕以来でしょうか。
終盤戦のこの時期に4連敗は痛いですし正直目を背けたくもなりますがそれでも明日も試合は続きます。
優勝を諦めたわけではないですがもうこの際優勝争いとか考えず、明日は前を向いて胸を張って戦う姿勢を見せて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です