優勝へ向け再加速へ!難敵メットライフドームのライオンズから勝ち越し

2021年9月26日
千葉ロッテマリーンズ 8-4 埼玉西武ライオンズ
@メットライフドーム

メットライフドームで勝ち越し!

Twitterで調べてくれた人がいて知ったのですが、マリーンズがメットライフドームで勝ち越しを決めたのは2018年の5月以来だそうですね。
嘘のような本当の話で、数年続いた衝撃的な負け方も含めこの球場に悪いイメージしかないのは当然です。
しかし逆に考えればこの苦手のメットライフドームでカード勝ち越しを決められたということは着実にチームが強くなっているということ。
対ライオンズのカード勝ち越しも今季初。
3連敗と足踏みはしましたが難敵を攻略し、ここから優勝へ向け再加速といきましょう。

今日は昨日から組み替えた2番佐藤都、6番藤岡が活躍してくれましたね。
ともに猛打賞で佐藤は2番打者としてチャンスを作り、藤岡は6番打者としてきちんとランナーを返してくれました。
特に藤岡は左投手からタイムリー2本で4打点と頼もしい内容。
ポイントゲッターとしてもしっかり機能しており、この活躍を観れば2番藤岡派の私も白旗です。

小島は上出来かな

ここ2週のピッチングを見れば今日の投球は不満かもしれませんが、それでも小島は良く投げてくれたと評価しています。
まず山川の一発はやや甘いボールとはいえ失投とも言えませんので、あれはスタンドに運んだ山川を褒めましょう。
4回の押し出し2個は防いでほしかったですが味方のエラーからの流れですのでドンマイという気もします。
それよりも評価したいのは味方が逆転した後の5回6回を三者凡退で片付けたこと。
特に前までの小島なら6回が鬼門でしたが今日もあっさりクリアしてくれました。
今週も109球投げて疲労は溜まっていると思いますが、2桁勝利目前となり今の小島には充実感の方が上回っているでしょう。
来週も強気に攻めて欲しいですね。

点差もあったので千隼以外の勝ちパターンは温存できました。
ただ4点差なので9回益田を使っても全然おかしくないシチュエーション。
そこに32試合投げて防御率1.35の田中靖を投入できるのは今のマリーンズリリーフ陣の充実度合いが伺えます。
リリーフ陣はこの3連戦で失点0、優勝へ向け大きな原動力になりそうです。

優勝のためにもうひと踏ん張り

マーティンが離脱し週前半はガクッときてしまったマリーンズ打線ですが、週後半に向け上昇ムードです。
やはりマーティンの穴は大きく火力不足感は否めませんが、それでも十分戦うことができるでしょう。
ちょっと気になったのは5番から8番まで左打者が並んだ打線。
今日もピンチで左の公文と武隈を当てられましたし、相手としては継投しやすい打線だと思います。
できたら山口とか岡とか右打者を挟みたいところですけど、井口監督はその変どう思っているのでしょうか。

そしてちょっと深刻そうなのは奨吾。
今日はノーヒットで打席の内容も良くないですし、失点につながってしまったらしくないエラーもありました。
全試合出場で疲れはもちろんあると思いますが、井口監督がマリーンズの心臓と評した選手でありますので休むことは考えられません。
身体的にも精神的にもつらい時期だと思いますが、優勝のためにもうひと踏ん張り。
来週からはまたいつもの奨吾の素晴らしいプレーを心待ちにしています。

2 COMMENTS

ロッテ墓

メットライフでの勝ち越しが3年ぶり、やはりそんなでしたか。今期カード初勝ち越しも。そりゃー私が西武だったら、負ける気がしねーになりますね。そんな西武に首位のロッテは違うと思わせられたのではと思います。
誰かがダメでも違う誰かがやってくれる状態を保ちゴールまで駆け抜けましょう。藤岡、佐藤都、アズマ、タナヤスが特に頑張ってくれました。
勿論タフネスに変身した小島はエース襲名で良いのでは。

返信する
chikuma

3年ぶりだったとは本当にびっくりですよね。
まあそれも全て過去のことですので、ここから新しい歴史を作っていければと思います。
ここ最近の小島を筆頭に、日替わりでヒーローが出てきているのは大きいですよね。
誰かがダメなら誰かがやるは本当にその通りで、これがマリーンズの一番の強みかもしれませんね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です