ひょうひょうと、そして堂々とした河村のピッチングで連敗ストップ

2021年9月25日
千葉ロッテマリーンズ 3-1 埼玉西武ライオンズ
@メットライフドーム

君にはメットライフドームなんて関係なかったね

チームは内容が悪い3連敗中、そして鬼門メットライフドームでの初登板、正直嫌な予感しかしていませんでしたが、自分にはそんなの関係ないねと言わんばかりの河村の好投でした。
いつも通りひょうひょうと、そして堂々とした投球はとてもルーキーとは思えません。
チームの連敗中にこんなピッチング見せられたらもっと応援したくなりますね。

本人もヒーローインタビューで話していましたが、今日は特に内外のコースを間違わずに投げれていたことが良かったと思います。
河村の場合は角度がありますので高低はさほど気にする必要はなく、寧ろ高めのボールも武器になりますからね。
もちろんそれはストレートに力があってこそ、春先に比べればストレートで勝負できるようになってきて頼もしくなりました。
6回裏はピンチを残してマウンドを降りましたが中5日でしたので少し疲れがあったかもしれません。
その辺はこれからの課題ということで、今日はとにかくしっかりと試合を作った河村に賛辞を贈りたいと思います。

鉄壁のリリーフ陣

河村のあとを受けたリリーフ陣も、ルーキーにこんなピッチングを見せられたら先輩たちが不甲斐ないところを見せるわけにはいかない、というメッセージが伝わってくるナイスピッチングでした。
まずは唐川、2死満塁で代打栗山という嫌なシチュエーションでしたが良く抑えてくれました。
復帰直後に連投は懸念材料ではありますが、それでも唐川が戦線復帰して良かったと心の底から思いました。

その後は国吉ー千隼ー益田の盤石の投手リレーで逃げ切り。
特に千隼が8回のクリーンアップから始まる打順を三者凡退で抑えてくれたことが大きかったですかね。
ライオンズの3番森と4番中村をど真ん中の140キロのストレートで空振り三振に仕留める、こんなの千隼くらいしかできないでしょうね。

さすがに打順を入れ替えてきた

初回に奨吾のタイムリーとレアードの2点本塁打で見事な先制攻撃、追加点が取れなかったことには不満ですが今日は勝てたのでよしとしましょう。
井口監督もさすがに打順を入れ替えてきましたね。
2番佐藤都は予想外でしたが打撃の状態も良く足も使えますのでアイデアとしては面白いとは思います。
ただ藤岡はどちらかというとチャンスメイク側なので6番はどうでしょうか。
さすがに1試合だけじゃこの打順が機能しているかどうかは判断はできませんが、個人的には昨日も書いた通り2番藤岡派です。

あと8回表の奨吾のバントは不要だったと思っています。
代走和田を使っていますのでシングルヒットでも高い確率で得点になりますし、奨吾ならバントしなくても一死3塁をつくれるでしょう。
そして2点リードしていますし奨吾の状態が良くないことを考えるとあそこは打たせてほしかったです。
昨日今日と送りバントをしてもちっとも得点に結びついていません。
今はそんな流れの中にあるので明日は加藤以外の送りバントはやめといた方がいいと思いますね。

とりあえず3連敗でストップ。
これで完全復活とは全く思いませんが、一つ勝てるとホッとしますね。
明日は2試合連続で完投完封している小島。
さすがにそろそろ反動が来ると思いますので、明日はみんなが小島を助けてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です