割り切って、切り替えて、また明日

2021年9月22日
千葉ロッテマリーンズ 1-4 福岡ソフトバンクホークス
@ZOZOマリンスタジアム

今日の負けは割り切って、切り替えて

もし開幕前に戻って「今シーズン千賀と3回対戦します。何勝何敗でしょう?」って聞かれたらどう答えるでしょうか。
ちょっとネガティブに考える私なら1勝2敗って答える気がしますし、3戦全勝って答える人は間違いなく少数派だと思います。
そう思えばシーズン単位で観たら対千賀は2勝1敗で十分な成績ですし、個人的には今日の負けは全然問題ないかなと考えています。
敗戦は残念ですが今日はそういう日だったと割り切って、切り替えて、また明日の試合に挑めば良いのではないでしょうか。

打てそうで打てないとはまさに今日のことで、14三振を喫しながら勝利した先週に比べたら試合序盤はまだ打てそうと思っていましたが、結局最後まで打てませんでした。
中盤くらいからはほとんどゾーン内で勝負され、下降気味の打線では打ち崩すのは無理でしたね。
特に得点パターンの一つである下位打線でチャンスを全く作れなかったのは痛かったです。
マーティンが不在の影響はありますがそれだけの問題ではないはずで、打線をどうテコ入れするか井口監督の手腕が問われます。

ど真ん中に吸い込まれていく…

美馬のボールがど真ん中に吸い込まれていくような気がしましたが気のせいではないはず。
スタメンマスクが田村だと負けるみたいな風潮もありますが、さすがにあれは誰がキャッチャーでも変わりません。
どんな良いリードをしたってど真ん中に投げれば間違いなく打たれますから。

美馬はこれで2試合連続で投球内容が良くありません。
今日は空振りが取れなかったのが致命的で、低めのボール球でカウントが悪くなりストライクゾーンで勝負すると甘くなるという負の連鎖でしたね。

そんな状況ですので一度調整の時間をあげたいところではありますが、ロメロが離脱したためそんな余裕はありません。
問答無用で来週のバファローズ戦に投入するしかないでしょう。
監督も、コーチも、そして私たちも美馬の復活を信じるしかありません。

小野久しぶり

最後にずっと1軍に帯同しながら9月1日以来の登板となった小野について。
前回投げたのは序盤で岩下が炎上した試合で3イニングを投げたときで、その時はまさか一度抹消された岩下の方が先に登板するとは思いませんでした。
今日も負け試合での2イニング、いつの間にかこんな仕事しか回って来なくなってしまいました。
もちろん誰かがやらなきゃいけない仕事ではあるのですが、勝ちパターン入りを目指してほしいと期待していた選手ではありますので複雑な気持ちでもありますね。

さあバファローズが勝ったためゲーム差は2.5に縮まりました。
毎日言っている気がしますがまだ試合は十分残っていますので、そこまで過度にゲーム差を気にする必要はありません。
どちらかというとマーティン不在でも戦える陣容を整えることが重要で、今週中はそれに注力した方がいいです。
5番角中のままでいいのか、山口をライトスタメンでいいのか、ヒットが出ないエチェバリアをそのままスタメンでいいのか、安田を使ってみるのはどうかなど考えることは多いです。
1試合負けたくらいで下を向いている場合ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です