素晴らしいピッチングで小島がプロ初完封!

2021年9月19日
千葉ロッテマリーンズ 4-0 北海道日本ハムファイターズ
@札幌ドーム

小島がプロ初完封

今日最大のピンチとなった6回裏、しかしマウンド上の小島の表情を見れば不思議と点を取られる気はしませんでした。
先週のプロ初完投勝利に続き今度はプロ初完封勝利。
「これが本来のオジマだよ!」みたいなタイトルもチラッと考えましたが、そんな茶化したい気持ちもなくなるくらいの素晴らしいピッチングを見せてくれた小島に心から感謝です。

数えきれないほどエチェバリアのところに打球が飛びましたが、右打者へのインコースと左打者へのアウトコースをしっかり投げ切れていた証拠かなと思います。
ヒーローインタビューでは最後は声を出さないとストレートが走らなかったと言っていましたが、映像観る限りでは最後まで素晴らしいストレートを投げ込んでいましたね。
もちろんチェンジアップやスライダーとの組み合わせも見事で、加藤のリードの評価が高いのも頷けますね。
球数も先週より抑えられていましたし、本当に素晴らしい以外の言葉がないです。

朗希の好投とか美馬の金言とかここ2週の小島の好投の要因としていくつか言われていますが、個人的には前述の通り加藤のリードが大きいかなと。
今日は目立ったのは打者32人対して初球ストライクは24回の75%とかなり高い数値だと思います。
しかし球種はストレートと変化球が半分くらいずつで、相手としては的を絞りづらかったでしょう。
どんどん有利なカウントを作って勝負していく、小島ー加藤の間で勝負のパターンが共有できていたのが好投の1番要因かなと考えています。
思えばドラゴンズは大野をはじめ優秀な左腕の先発投手が多くいるチーム。
その辺の経験値がある加藤が小島をここまで成長させたという説が個人的には最も信ぴょう性がありますね。

北の大地で寿司三昧

幕張の寿司職人が今年初めて札幌の地で握りました。
滞空時間の長いきれいな放物線でまさにホームランバッターって感じの一発です。
その前後にもタイムリーを放って今日は3安打3打点、改めていいバッターですね。
これで今シーズン78打点目、85打点の島内の背中がだんだん近づいてきました。
益田のセーブ王、荻野の最多安打に並んで個人タイトルも期待していますよ。

今日は7安打できれいに右打者だけ。
加藤宮西上原と左投手が多く投げたの影響か、藤原マーティンの二人が本調子じゃない影響かはわかりませんがちょっと極端ですね。
たまたまだと思いますが明日の予告先発も左投手の河野、今後のことを考えても苦手意識を作らないことは重要です。

9月は連敗なし

昨日は完封負けを食らいましたが今日は逆に完封負けを食らわしてやりました。
これで9月は連敗なしで本当にチームの状態がいいのでしょう。
しかもここにきて小島の素晴らしいピッチングの連続、そして最近投げ過ぎ気味の勝ちパターンはまたも小島の好投に救われる、チーム内からも戦力アップとその好循環で優勝に向けいい流れが来ています。

バファローズも勝ったためゲーム差は縮まらずですがそれよりも今日いい内容で勝てたことが重要。
マジック点灯は先延ばしになりましたがマリーンズの優勝する自信をさらに深めてくれる、そんな小島の115球でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です