連勝街道まっしぐら

2021年9月12日
千葉ロッテマリーンズ 9-2 東北楽天ゴールデンイーグルス
@ZOZOマリンスタジアム

快勝で連勝

このカードは3連勝、チームは引分け挟んで4連勝、対イーグルス9連勝、連勝街道まっしぐらでパリーグ首位のチームに相応しい快勝。
イーグルスには申し訳ないですが、今のマリーンズの敵ではない、といった試合でした。
ただイーグルスとの相性だけではこの3連勝は説明がつきませんので、純粋に今のチームが強いということなのでしょう。
走攻守全てにおいて確実にレベルアップしていますし、これは優勝を狙えるチームだと確信してきました。

今日の試合は何と言って打線が良く点を取ってくれました。
3回に奨吾とレアードのホームランで逆転してからは毎回のように得点し差は広がる一方。
石井監督も必死の継投策でしたが被安打13本で与四死球9個ではさすがに止められないでしょう。
去年はこのくらい四死球をとってもあと一本が出ないということにヤキモキしましたが、今年のチームではそんな気が一切しません。
本当に見事な攻撃でした。

河村もしっかり仕事をする

今日の試合の個人的な最大の懸念事項だった河村ですが、そんな心配は必要ありませんでしたね。
初回こそ失点しましたが結局ピンチらしいピンチもそのイニングだけ。
のらりくらりと5回まで投げてしっかり仕事を果たしてくれました。

今日はカウント球のカーブが良かった気がします。
なかなか勇気のいるボールですがあれを堂々と投げるのですから大したもの。
どれだけ味方がが点を取っても表情を一切変えることもなく相変わらず何を考えているのかわからないというか、とにかく強心臓ぶりを見せつけましたね。

そのあとのリリーフ陣は大量リードもあって千隼と益田も温存できましたし、登板間隔が空き気味な投手も投げれましたし文句なし。
盤石の試合運びでしたね。
投打ががっちり噛み合ってとはこういう試合を言うのでしょう。

今調子が落ちている選手も…

今日も安田がノーヒット、ここ数試合ヒットなしが続きます。
一時は素晴らしい打撃を見せていましたがまた崩れはじめ、やはり打撃は難しいですね。

まあ井口監督がどう見ているかにもよりますが、個人的には来週も安田はスタメンで使っていいと思います。
最近苦しんでいた奨吾も一本出たら変わりましたし、チーム状態も非常にいいですし、安田もそのうちまた打つのではと気長に待ってもいいのではないでしょうか。
思えば8月末くらいはレアードが全然ダメでしたが、その代わり安田が良く打ってくれていました。
そして今は安田が苦しんでいますがレアードが大暴れ、そうやってお互いを助け合う関係ができているのは強いチームの証です。
さらには今年の優勝を狙う上ではもちろんのこと、来年も再来年も優勝を狙うのではあれば若手の育成は必須です。
そういう面では安田然り今日スタメンで起用した髙部然り、優勝争いをしながら若手を起用し掴んだ勝利は非常に価値があります。

とにかく私は今年1年安田の成長を信じて見守ってきましたので、今更その考えを改める気はありません。
そして安田に限った話ではないですが、リーグ戦はまだ1ヶ月残っていますのでこのまま順調なまま終わることはないと思います。
そんな時こそ今調子が落ちている選手たちがきっとチームを救ってくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です