藤原が2021年7、8月度の月間MVPを受賞!そして抹消…

藤原が月間MVPを初受賞!

藤原選手が2021年7、8月度「大樹生命月間MVP賞」受賞|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

本日7、8月の月間MVPが発表され、藤原が選出されました。
7月3日に再昇格すると7、8月はそのまま2番に定着。
成績的には24試合で打率.348、32安打、5本塁打、15打点、5盗塁と2番打者としては非常に優秀な数字です。
ホークス柳田、バファローズの吉田正らも同じような成績で競っていましたが、それを押しのけての受賞は素晴らしいです。

再昇格後の藤原が好成績を残した1番の要因としては、やはり力強いスイングが戻ってきたことですかね。
春先は相手バッテリーのリードに対する迷いあったのか、小手先だけで合わせに行くようなバッティングが目立ちました。
もともと高い技術は持っているのでそれでもヒットは出ますが、相手としては怖くないでしょう。
それが2軍でしっかり調整し力強いスイングを取り戻して満を持して1軍へ。
早いストレートに振りまけることなく鋭い当たりを連発、ホームランはあの細身の身体からは想像できないような飛距離でした。
チームは7,8月で貯金を9個作ったわけですが、藤原の活躍なしにはできなかったでしょう。

そして藤原が抹消…

月間MVP受賞で浮かれたのも束の間、今度は藤原が登録を抹消されたとのこと。
原因は先日受けたデッドボール。
その試合は途中交代しこの3連戦もお休み、週末からの復帰を井口監督は考えていたそうですがまさかのこのタイミングです。
想像していた以上に状態が悪いのでしょうし、時間差での登録抹消が事態の深刻さをより一層引き立てますね。

真剣勝負の中でのデッドボールなので仕方ないですが、優勝争いをするチームにあってこの藤原の離脱は痛いですね。
前述の通りここ最近の好調は藤原の貢献が大きかったですので。
試合に出ようと思えば出れるくらいとは言っていましたが、まだ40試合残っていますので今は無理をする場面では絶対ないです。
とりあえずは最短の10日で戻ってくることを祈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です