唐川復帰はもうすぐ?明日からはいざ首位攻防戦へ!

井口監督が今のチームを語る

51年ぶり9月に単独首位浮上のロッテ 井口監督が自ら語る若手育成と優勝の鍵とは? | Full-Count

今日Full-Countに井口監督のインタビューが掲載されていました。
まあ就任4年目ですので井口監督の思考とかチーム方針とかはなんとなくわかってきましたので特に目新しい内容はなかったですが、井口マリーンズのポリシーを再認識できました。
そして後半戦一気にスタメン出場が増えた加藤ですが、井口監督はリード面を高く評価しているようですね。
個人的には加藤のリードは「無難」といった評価ですが、それは田村ほど強気すぎず柿沼ほど消極的すぎずといったところである意味他のキャッチャーと差別化はできているのでしょう。
すでにチームの信頼を勝ち取っていますし、確かにいい補強だったと思います。

そしてサラッと触れられていましたが唐川が復帰が近いとのこと。
具体的な日程は触れられていませんが、これはとても大きなニュースです。
こちらもナイス補強の国吉が今は頑張ってくれていますが、残り41試合ずっといい状態を維持できるかどうかはわかりません。
無理は禁物ですが残り数試合となったタイミングでもいいので1軍のマウンドに戻ってきて欲しいです。

明日からは首位攻防3連戦へ

昨日勝利し首位に浮上したマリーンズ、さっそく明日からバファローズとの首位攻防戦です。
まずはこの時期に首位攻防戦をできるということをまず喜びたいと思います。
ゲーム差なしですのでこの3連戦で順位が入れ替わる可能性はありますが、別にこの3連戦で優勝が決まるわけではないので思いっきり戦って欲しいです。

さてマリーンズにとっていいニュースと言えば石川の復帰でしょう。
井口監督はこの3連戦で復帰を明言していますので2戦目か3戦目のどちらかで登板するはず。
復帰初戦こそ大炎上しましたが前回登板は映像観る限りは問題なさそうに思います。
ちょっと復帰を急いだ感はありますしさすがに長いイニングは難しいかもしれませんが、不安定な先発陣ですのでチームとしてもファンとしても期待大でしょう。

もうひとつはバファローズ吉田正の離脱。
相手チームの怪我を喜ぶべきではないことは重々承知ですが、それでも吉田正がいるのといないのでは大きな違いがあります。
もちろん杉本をはじめ十分注意しないといけない打者がいるんですが、やはりバファローズ打線の核は吉田正ですので。

ただ吉田正の不在で失点は減るかもしれませんが、別に得点が増えるわけではないので勝利のためには相手投手陣を打たなきゃいけません。
特にローテ再編で初戦に宮城をぶつけてきましたし、リリーフには初物の新外国人もいますし侮れません。
ただ今のマリーンズ打線ならきっと打ってくれるとは思います。

さて初戦の先発は美馬でした。
後半戦の安定感はチームで一番ですので首位攻防戦の初戦に相応しい人選でしょう。
いつもの様なテンポのいいピッチングで、首位攻防戦の流れをマリーンズにグッと引き寄せて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です