本拠地デビューのロメロが好投しマリーンズが単独首位浮上!

2021年9月5日
千葉ロッテマリーンズ 2-1 北海道日本ハムファイターズ
@ZOZOマリンスタジアム

今日はロメロの好投に尽きる

加入後初の本拠地マリンでの登板、それでこんな気迫のこもった投球をされたらもうロメロを好きにならないわけにはいきません。
最後はピンチを背負いましたが7回1失点と先発としての役割を十分果たしてくれましたし、127球目をセンターフライに打ち取った時のガッツポーズが忘れられません。
リリーフ陣が登板過多な状況のチームを救いましたし、本当に良いピッチングだったと思います。

もちろん投げたロメロが素晴らしいのですが、加藤もよくリードしたと思います。
外角中心でしたがシンプルにロメロの強いストレートを活かすリード、変に交わすことをせずに真っ向勝負を挑ませたことがロメロの集中力を高め好投に繋がったと思います。
そしてストレートが外角に大きく外れても変化球がワンバウンドになってもしっかり捕ってくれますし、入団会見で口にするほどロメロとしても加藤への信頼感は大きいのでしょうね。
次回以降も期待したくなるナイスバッテリーでした。

さらには7回を投げ切らせた井口監督、吉井コーチも凄い決断だっと思います。
もし同点や逆転されていたら間違いなく批判の的になる続投で、いくらリリーフ陣を使いたくない状況とはいえ思い切った采配と言えます。
チームに加入して日の浅いロメロですが選手を信頼しこの試合一番の勝負所を託す、ピンチをしのいでベンチに帰ってきたロメロに声を掛けに行く井口監督を見てその決断の重さを感じました。

打線は今一歩

2回にロメロに先制点をプレゼントした打線ですが、3回以降は完全に沈黙。
まあここのところ良く打っていましたし、勝ったから言えますがこういった日もあっていいですかね。
4安打でしたが藤岡と荻野の内野安打はエラーみたいなものですし、実質2安打で勝ったことになりますので投手陣の踏ん張りに感謝です。

そのクリーンヒットのうちの1本が加藤ですのでまたこれも面白い。
勝手にあの場面はバントだと思い込んでいましたので打たせたときは正気かと思いましたが、うまく打ってチャンスを広げてくれました。
派手なプレーは少ないですが本当にいい仕事をしてくれています。

心配なのは途中交代した藤原、一度は試合に戻っていたので大事ではないと思いますが状態が気になります。
たぶん週明けの試合には問題ないかなとは思いますが、明日以降嫌なニュースが流れないといいですね。

国吉、益田が3連投で良く投げた

今日は8回は国吉がマウンドに上がりました。
千隼も連投中ということで昨日5球しか投げていない国吉を優先的に登板させたということでしょう。
国吉は先頭にヒットを打たれましたが後続を併殺打に打ち取り見事に無失点。
3連投になったこのカード全ての試合で完璧に抑えてくれて、改めていい投手を獲得できたと思います。

そして9回も3連投になりますが益田以外の選択肢はないでしょう。
ヒーローインタビューで語っていたようにロメロに勝ちを付けるべく、こちらも気迫のこもった投球でした。
1点差でまだ試合が終わっていないのに井口監督の余裕そうな表情が画面に映り、益田への信頼感の大きさが伺えます。
これで30S目で他の対抗馬がいないのでセーブ王はほぼ確実。
41試合残して登板数がこれで50試合と多いのが気がかかりですが、それでも益田がマウンドにいないことは想像できませんね。

さてこれでゲーム差なしですが勝率の関係で単独首位浮上。
まだ41試合も残っていますし来週からはバファローズ戦ですし順位は入れ替わるものと持ってはいますが、それでも気分がいいのは間違いありません。
そして益田のヒーローインタビューは感動しました。
優勝への強い思いを持っている益田が引っ張るチームですのでこの先の優勝争いもきっと乗り越えられる、そう思った今日の勝利でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です