東妻がいなけりゃ負けていた

2021年9月4日
千葉ロッテマリーンズ 3-3 北海道日本ハムファイターズ
@ZOZOマリンスタジアム

東妻が見事な火消し

勝てた試合か負けてた試合かと聞かれれば勝てた試合だと答えますが、それもこれも東妻が5回のピンチを切り抜けたからに他なりません。
先発鈴木が残した無死12塁の場面でリリーフし、送りバントを自ら3塁でアウトに、続く木村は併殺に仕留め完璧なリリーフでした。
送りバントの処理は安田に助けられた面もありますが、先日のライオンズ戦では自らのフィールディングミスで失点していますので良く勇気をもって3塁に投げたなと思います。
そして併殺打は注文通り、ツーシームでうまく詰まらせましたね。
正直1点は覚悟していた場面でしたが東妻に助けられました。

今季前半は田中靖洋が担っていたこの火消し役、今は東妻に引き継がれました。
田中靖のときも言いましたが、このポジションは凄い難しいと思います。
いつ出番かわかりませんし、出番は常にピンチですし、試合の行方もまだわからない状況ですので失点は許されませんし。
前半戦の田中靖も今の東妻も本当にチームになくてはならない存在。
地味な仕事でヒーローになれる仕事ではないですがチームには必要な仕事であり、今日の東妻はまさに必殺仕事人でしたね。

鈴木もルーキーだけど…

先発の鈴木は5回持たずで降板、今週は美馬以外の先発投手が5回まで投げれませんね。
鈴木はボール自体は悪くないのですが、慎重すぎると思えば詰めが甘いところもあり、なんともちぐはぐなピッチングでした。
特に今日与えた四球2つはどちらも有利なカウントからの四球で、得点に繋がりこそしませんでしたが非常に不用意だったと思います。
鈴木もルーキーですがもう9月、いつまでもルーキーだからを言い訳にはできません。
先発投手である以上今日のピッチングは不合格です。

前述の東妻もそうですが今日もリリーフ陣が良く投げてくれました。
先発陣がかなり不安定な中でリリーフ陣の安定が救いです。
ただ一方で登板過多な状況も気になります。
勝ちパターンである国吉、千隼、益田は連投、東妻に至ってはこれで今週全試合に登板しています。
明日はロメロ先発ですのでハーマンがベンチから外れることが確定的、東妻もさすがに投げさせられない、小野は水曜日の反動でここ2戦はベンチ外と明日の一戦に向けてリリーフ陣の不安要素は多く、逆にロメロにかかる期待は大きいです。

代打屋の必要性

1回に3点取った先制攻撃は見事でしたが、結局それ以上の得点はできず。
あと1本出ていればの場面自体は作りましたが、そもそも5回以降ヒットが荻野の内野安打のみではさすがに得点は難しいでしょう。

悔やまれるのは8回裏の攻撃でしょうか。
先頭の奨吾が四球で出塁し盗塁も決めたのに、頼みのマーティンとレアードが内野フライと三振では…。
最後の代打山口も見逃し三振。
個人的には今の山口の技術では最後のボールは振っても振らなくても三振だったと思うので別にそこはいいのですが、どちらかというとファーストストライクを振って欲しかったですね。
空振りでもいいのでいつものフルスイングをすれば相手にはプレッシャーがかかりますので。
まあそこが代打の難しいところですが。

最終日に小窪を獲得しましたが確かに欲しいですね、代打屋。
今日の山口を見てわかるように、技術ももちろんですが経験値も必要なポジション。
本来ならあそこで代打角中でしょうが、その角中は雨の中最後までベンチを温める状況です。
代打候補で獲得した小窪は今日2軍戦でマリーンズデビュー、一軍の戦力になれるかどうかはまだわかりませんが今後今日の様な試合を勝つためには代打の切り札は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です