目指せ優勝、目指せリリーフだけで二桁勝利

2021年9月3日
千葉ロッテマリーンズ 7-5 北海道日本ハムファイターズ
@ZOZOマリンスタジアム

また千隼が勝ち投手(笑)

3時間50分の試合でマリーンズがリードしていたのは最後の20分くらいですが、それでも試合に勝つのですから野球はやっぱり面白いなとつくづく思います。
今日はビハインドながら勝ちパターンを惜しげもなく投入する執念の采配が実りましたね。
いくら今週前半登板機会がなかったとはいえなかなか勇気の必要な采配だった思います。
それに応えたリリーフ投手陣はさすがですし、これで8勝目となった千隼の勝ち運にはもう恐ろしさすら感じます。

8回裏の逆転は相手のエラー絡みですが、単なるラッキーではなく代打や代走などやることやっての結果ですので胸を張っていいと思います。
グラウンドコンディションが悪いのはお互い様ですしね。
振り返ってみると和田の盗塁は走りづらいグラウンドの中で良く決めましたし、結果的にあれが一番効きいたと思います。
和田の盗塁があったからその後の代走小川でもバッテリーは必要以上にランナーを気にしていましたし。

そして代打角中が犠牲フライで久しぶりに仕事を果たしてくれました。
あそこで追加点が取れたのは非常に大きかったですし、角中自身も少しほっとしたでしょう。

試合に勝てばいいけれど…

勝利の余韻で忘れたくもなりますが、今日の小島は(も)見ていてイライラしましたね。
気付けばフルカウント、減らないフォアボール、ストライクボールがはっきりし過ぎと先週のままでした。
チーム事情的には5回を投げ切って欲しかったですが、冷静に考えれば逆によく4回まで持ったなといった感じです。
天候と相まって非常に不快指数の高い投球でした。

因みに初回のフライ落球は仕方ないかなと思います。
マーティンだけだったらエラーにならないミスだと言うかもしれませんが、奨吾が落としているので少しミスとは言い難い。
私は奨吾の守備を信頼していますし奨吾がフライの落球なんて基本的にはあり得ませんので、時間帯と雨空で本当に見えない状況だったんでしょう。

さて報道によると石川がバファローズ戦で戻ってくるとのことで、小島も一度抹消でしょうか。
殻を突き破れないままズルズル来てしまっている小島、まだあきらめたくもないですがそろそろどうにかなりませんかね。

安田に回せ!

今や、「チャンスで安田に回せ!」と言いたくなるくらいには安田が良く打っています。
ストレートに振り負けせずにしっかりはじき返しているのが大きいですね。
今日の2本の2塁打はどちらも素晴らしかったです。
もっと打順をあげても良さそうですが、個人的には7番で伸び伸びと打撃ができている今が大事で、また迷路に迷わないようにここでしっかり形を作ってもらいたいです。

逆に最近元気がないなと思うのが藤原。
ヒットは出ているのですが三振がする姿が目立ち少し打撃が雑に見えます。
まあ研究されてくる頃ですしいつまでも好調は続きませんので、我慢の時と思って見守ります。

バファローズも勝ったためゲーム差は縮まりませんでしたが、逆に離されなかったと思うと今日の勝利は大きいです。
そして今日結構投げたので明日はリリーフの負担を減らしたいところ。
今の打線なら鈴木にも十分な援護点挙げれるでしょう、期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です