甲子園からドラフト候補を探る

智弁学園と智弁和歌山の兄弟校同士の決勝となった今年の甲子園、智弁和歌山の優勝で幕を閉じました。
天候不良に見舞われ相次ぐ試合順延、コロナ渦ということで大会中の出場辞退とかもありましたが、とりあえず無事に終わって良かったです。

仕事がありますのでさすがにすべての試合は見れませんでしたが、なるべく見れるときは甲子園をチェックしました。
今回は今年甲子園で見た選手の中で、この選手は是非マリーンズに欲しいという選手を数名選んでみました。
前回ドラフト候補の記事を出しましたがその続きだと思ってください。

今年のドラフトを考える~ドラフト候補編~ 今年のドラフトを考える~ドラフト候補編~

投手2名と野手2名で、前回記事に乗せた選手以外から選出しました。

是非マリーンズに来て欲しい選手~投手編~

風間 球打 投手 (ノースアジア大明桜高校)

何の捻りもないですがまずは風間投手。
地方大会で一躍全国にその名を轟かせましたが、正直どうせ球が速いだけでしょとか思っていました。
ただ甲子園で見てみると想像以上にレベル高かったです。
まずはフォームがいいですね。あの真上から投げ降ろすフォームで150キロのストレートは相当打ちにくいです。
あと変化球の球種も豊富ですし、特にフォークは今すぐプロ相手でも通用するのではと思わせてくれます。
ただとてもいい投手で1位指名は確実ですが、個人的には小園>風間だと思っています。

深沢 鳳介 投手 (専大松戸)

地元千葉の専大松戸の投手で、初戦の明豊高校相手に見事な完封勝利でした。
地元ということ抜きにしても今大会屈指の投手だったと思います。
細身ながらストレートは140キロ以上出ますし、何と言ってもあの緩いカーブがいいですね。
堂々と100キロくらいのカーブを投げることができるのは大きな武器だと思います。
さすがに上位指名とはいかないと思いますが、4,5巡目に残っていたら面白そうです。

是非マリーンズに来て欲しい選手~野手編~

田村 俊介 投手/内野手 (愛工大名電)

今大会見た中で打席での雰囲気が一番良かったのがこの田村選手。
タイプとしてはバファローズの吉田正でしょうか。
甘いボールだったとはいえ高校生が甲子園の右中間の一番深いところにホームランを打つのですから本物でしょう。
背番号1を背負い投手としても注目ですが、プロで大成するなら野手としてでしょう。
本人は二刀流希望とか報道がありましたが、その辺の折り合いを付けれるなら上位で指名もありでしょう。

松本 龍哉 内野手 (盛岡大付属)

凄い体格の良い打者がズラリと並んだ盛岡大付属打線でしたが、その中でも一番「センスあるな」と思ったのが1番を打っていた松本選手。
地方大会の決勝くらいから注目しており、ホームランを打つパワーはもちろんですが一番はバットの芯でしっかり捉えるミート力が素晴らしいです。
イメージとしてはライオンズの森の様な打者ですかね。
守備位置は高校ではサードでしたが、もしセカンドも守れるようになったら奨吾の後継者として面白いのではと思って見ていました。
ドラフトでもそこまで人気しないと思いますので、下位指名でどうでしょう。

ということで4選手選んでみました。
その他にも大阪桐蔭の松浦選手とか智弁学園の前川選手とかも個人的には高評価です。

ここ最近のドラフトでは高校生の好素材を上位で指名しているマリーンズ。
多くの優秀な選手たちがマリーンズに来てくれることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です