最終日のビックサプライズ、元カープの小窪哲也が千葉ロッテマリーンズに加入

小窪哲也を獲得

小窪選手 入団について|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

てっきり昨日で補強終了かと思いましたが最終日にもサプライズが。
元カープで現在は細川率いる九州独立リーグの火の国サラマンダーズに所属していた小窪哲也を獲得したとのこと。
かなり驚きましたし、正直言って誰が予想できるかこんな補強って気持ちです。

井口監督曰く、獲得の理由は右の代打候補ということです。
右の代打が今年前半からいないため探していたところ、ここにきて小窪に白羽の矢が立った格好でしょう。
確かに今年の代打成績は右左にかかわらず悪いです。
清田が退団し右だと今は主に山口や岡ですが、前者はスタメンでも使いたいですし後者は足も活かしたい。
左を含めても角中は代打だとさっぱりですし、佐藤もスタメンとの兼用です。
前半戦代打の切り札だった鳥谷は今は2軍調整中、その他井上や福田秀なんかも音沙汰なくなっちゃいました。
とにかく右の代打候補は欲しかったところではあります。

カープ時代の小窪自身は通算の打撃成績が良かったわけではないですが、代打での経験は非常に豊富な選手です。
さすがに高望みはできないかもしれませんが渋い活躍をしてくれればなと思います。
とりあえず2軍で調整し、状態を見て1軍合流とのことです。

代打候補だけ?

今回の小窪獲得、単純に代打候補としての獲得以外にもチームにいい影響があると思います。
まず優勝争いをするチームにあって、優勝を知る選手の加入は大きいです。
あとはベテランの存在も大きいと井口監督は見ているのでしょう。
今の1軍メンバーで最年長は荻野ですがリーダーという感じでもなく、日本人で次に年長者となる角中も同様です。(その点マーティンの存在は大きいですね)
キャプテンの奨吾は良くやっていますが、それでもここぞのベテランを後半戦の勝負所で期待しているのでしょう。

その他カープから指導者としてのオファーがあったように、人間的にも評価しての獲得でしょう。
井口監督と同じ青学出身ですし、ゆくゆくはマリーンズでの指導者候補かもしれませんね。

基本的には新しい選手が来てくれることは大歓迎ですが、これで支配下枠がパンパンの70人になりました。
よって3ヶ月後くらいには10人くらい戦力外になっちゃうってことですね。
その点は気になるところですが、まあ今シーズンの優勝が第一ですから。

とにかく8月最終日のビックサプライズ、我々に小窪選手を獲って良かったと思わせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です