東北の地で佐々木朗希が2勝目

2021年8月28日
千葉ロッテマリーンズ 5-1 東北楽天ゴールデンイーグルス
@楽天生命パーク

東北の地で朗希が初先発初勝利

プロ初勝利が甲子園でしたが、2勝目は東北の地である仙台となりました。
因みに宮城と岩手は隣同士ですが距離的にはそこそこありますし、朗希がどう思っているかわかりませんので一応地元と言うかは迷ってやめました。
ただ東北の地に思い入れがあるのは間違いなく、その場所でプロ2勝目をあげられたことは喜ばしいです。

内容としても今日は良かったと思います。
悪かったのは初回の2個の四球だけでそこも無失点に抑えましたし、2回なんかは空振り三振をファウルと言われたり内野ゴロ2個が内野安打になったりと不運過ぎました。
朗希からしたら1イニングで6個くらいアウト取った気分でしょうが、ここも良く無失点で切り抜けましたね。
345回は言うことなし、ストライク先行で球数も少なく非常に良かったです。

内容的には6回以降も行けるかなと思いますが、ここまで大事に育ててきた人材ですので大事を取って5回で降板。
ペナントレースを戦うのは今年が初めてですし、見えない疲れもきっとあるでしょう。
また一度抹消されるでしょうが次の登板もすぐに見たくなる、そんなピッチングでした。

今日もホームラン3本

昨日試合を決めたのはホームランでしたが、今日も3本のホームランで序盤に大勢が決しましたね。
まずは荻野、ヒーローインタビューでも取り上げられましたが本当に朗希の登板試合で良く打ちますね。
なんか2塁上でアウトになったと勘違いしていたのも面白かったです。

そしてレアード、緩いカーブを捉えた滞空時間の長いレアードらしいホームランでした。
ここ最近ちょっと好守に精彩を欠いていましたのでやや不安でしたが、また復調してくれるといいです。

最後にマーティン、復帰後初のホームランです。
その前の第1打席でヒットが出ていたのが気持ち的にも楽になったはずで大きかったでしょう。
盗塁も決めていましたしコンディションが良いのは本当なのでしょうね。(だからと言って盗塁で怪我されては困るのですが…)

反省点3つ

基本的には今日の試合は完勝で特に不満はありませんが、敢えて反省点を3つ述べます。

1個目は大塚コーチ、初回の藤原本塁タッチアウトは回す必要なかったと思います。
確かに打球の感じ的には帰ってこれるかなと思いましたが、藤原が落ちるかどうかの判断に迷ってスタートが遅れました。(別に藤原は判断は悪くないです)
まだまだ落ち着かない先発投手と初回のイケイケな状況を加味すると、スタートが遅れた段階で間違いなく3塁ストップするべきで無駄なアウトでした。
因みにコリジョンンルールの適応の有無について審判からの説明はもう少し聞きたかったですね。
タイミング的に確実にアウトだから無しなのか、一連の動作の中でのプレーだから無しなのかが気になります。
前者だったら諦めますが、後者だったら接触プレーを無くすという本来の目的が薄れる気がしますので。

2個目は小川のエラー、あれは完全に余計でした。
鈴木がいい感じに投げていましたし、バッターに足があるとはいえイージーゴロでしたし。
次が浅村ということを考えても無駄なランナーは出さないに越したことはなく、小川の武器が守備である以上かなり反省すべきでしょう。

3個目は小野、最後きっちり抑えて欲しかったですね。
カウントを悪くしてヒット or 四球と、相変わらず先頭打者への入り方が甘いです。
今日は1点で済みましたがこれが益田まで出さなきゃいけない状況になっていたらと思うとゾッとします。

以上反省点を述べましたが試合内容的には快勝ですし、結果に影響ない範囲でミスをして次につなげる分にはまだいいです。
これでイーグルス戦2連勝、首位と2.5ゲーム差の単独2位です。
まだまだ上を目指して、今週こそは3タテ決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です