今日は安田、何と言っても安田

2021年8月27日
千葉ロッテマリーンズ 3-1 東北楽天ゴールデンイーグルス
@楽天生命パーク

安田よく打ったぞ

奨吾の勝ち越しホームランは見事でした、二木も田中将と良く投げ合いました、リリーフ陣は毎回よく投げてくれて本当に頭が下がります。
ただ、今日は何と言っても安田の日でしょう。
5回の同点に追いつく7号ホームラン、奇麗な放物線の素晴らしいホームランでした。
公式戦でのホームランは5月14日以来、私はこの時を待っていました。
そして今日は3打数3安打、内容的にはホームラン以外はそこまで褒めるものではないですが結果が出たのは良かったですね。

前の試合を見る限りは素人目にはそこまで打撃の状態は上がってきていないと思っていました。
ヒットは出ているけど詰まった打球が多く捉え切れていない、活躍する藤原や山口と比べるとどうしてもイマイチに見えます。
ただ今日を含めてスタメンで起用されるということは、一番近くで見ている監督コーチが打撃の状態は上がってきていると判断しているのでしょう。
こうして結果が出るのを見ると我々ファンも嬉しいですが、起用した側はもっと嬉しいでしょうね。

ただまだ完全復活とは思いません。
今日のホームランも打ったのは変化球をうまくバットに乗せたバッティングで、ストレートはまだ捉え切れていません。
早いストレートをしっかり捉えられるようになったときが、今度こそ4番安田の復活の時でしょう。

二木もよく粘った

いつもいつも苦言を呈してばかりでは可哀想ですので、今日の二木は良く粘ったと合格点をあげたいと思います。
初回の失点は9割以上はレアードのせいですので、続くピンチを抑えたことが試合の流れ的に大きかったです。
7安打されましたし三者凡退のイニングも1度しか作れませんでしたが、今日の二木からは最後の1本は打たせないという気持ちが伝わってきました。
欲を言えばもう1イニングですが、今日は十分仕事をしてくれたと思います。

リリーフ陣もさすがにお疲れなのか3人ともランナーを背負いましたが結果無失点なのでまあOK。
特に千隼はピンチを背負いましたが落ち着いていましたね。
一つ言うとするならば四球を無くしてもらいたいのですが、完璧は求めすぎたらシーズンは乗り切れませんので妥協は必要です。

この1点を掴み取った3点目

今日良かったなと思うのは3点目、四球と内野ゴロでノーヒットで取った3点目です。
3塁ランナーが和田でしたので、追い込まれた山口は大きいのを打ちたいという気持ちを抑えてうまく高いバウンドの内野ゴロを打ってくれました。
あの場面もちろん大量得点が入ることに越したことはないですが、この後投げる投手にとって1点差と2点差は大きな違いがありますので、山口は良く状況が理解できていたと思います。
まさにこの1点を掴み取ったといった感じで、山口も大人なバッティングもできるんだなと感心しました。

忘れていたわけではないですが、今日のヒーロー奨吾も見事なホームランでしたね。
片手一本であそこまで運ぶのですからやはりいいバッターです。
なんか活躍することが当たり前になっていますが、それほどチームにとっては欠かせない選手ということで。

最後にマーティンの復帰について、てっきりもう少し後だと思っていたので意外でした。
ヒットは出ませんでしたが捉えた打球はありましたし、四球も選べていますので仕事はできたかと。
あとは1本ヒットが早めに欲しいですね。

ということでナイスゲームでした。
これで対イーグルスは4連勝、2位浮上です。
これをどこまで伸ばせるか、明日の朗希にも期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です