大!逆!!転!!!

2021年8月21日
千葉ロッテマリーンズ 8-6 福岡ソフトバンクホークス
@PayPayドーム

いまだに信じられん

試合全部見ていましたがこの記事を書いている今でも勝ったことが信じられない、そんな見事な大逆転勝利でした。
ヒーローインタビューは素晴らしいホームランを放った佐藤都志也でしたが、特定の選手がというわけではなくまさにチーム一丸となってつかみ取った勝利です。
ナイスゲームだったと思います。

7回表や9回表の攻撃もそうですが、やはり勝負の分かれ目は8回裏の守備でしょう。
柳田ヒットからの代走周東に盗塁を決められ無死2塁を作られたときにはさすがに失点を覚悟しましたが、田村の見事な牽制で周東をアウトにしたのが勝負の流れからしては非常に大きかったです。
その後の栗原の三盗失敗も完全にノーマークではありましたが、そもそこあそこは栗原が走ってはいけない場面だったと思います。
それもこれも周東の牽制死による焦りからの行動でしょうし、リクエストも正直どっちとも取れる映像だったので最初にアウトとジャッジしてくれて助かりました。
これがセーフのジャッジでマリーンズがリクエストしたらセーフだったと思います。

それにしてもこれで千隼が連日の勝利投手、勝ち運凄いですね。
正直言って今の千隼に前半戦ほどの安定感はありませんが、それでも千隼抜きは考えられません。

監督の差

勝利は間違いなく選手たちの頑張りによるものですが、両監督の選手起用や采配による差も勝利の要因としては欠かせないでしょう。
工藤監督の7回の代打角中に対して脊髄反射で嘉弥真にスイッチしたところ、そこまでの石川の出来、点差、最近の角中の状態を考えたら石川続投で押しきれたと思います。
そしてどちらかというと藤原のところで嘉弥真を使われた方が嫌でした。
それ以外にも結果論ではありますが柳田に代走周東を使ってしまったのも、9回の攻防では裏目に出ましたね。
最後の真砂に代打で周東に打たせるのもはっきり言って意味わかりませんし。

その点井口采配は冴えているのではないでしょうか。
山口に代えて代打佐藤もそうですし、そもそも8回表のチャンスで田村に代打を使わなかったのも大きい。
あそこで代打佐藤を使ってしまうのはベンチにキャッチャーがいなくなるというリスクもありますし、9回にもう一度ヤマが来るという試合展開を読む嗅覚も見事でした。
好調の藤原にバントとか賛否のわかれる作戦もありましたが、選手に調子の波があるように監督にも采配の好不調があると考えていますので、今は井口采配に託すのが正解でしょう。

国吉良くやった

益田が3連投でしたので今日は絶対使えない状況、代役のクローザーは国吉でした。
結果はちょっとヒヤヒヤしましたが見事移籍後初セーブ、マリーンズ移籍後一番の大仕事でしたが良くやったと思います。
加藤もそうですが国吉も本当に獲得しておいてよかったですね。

最後に美馬、ナイスピッチングでしたが今日は運がなかったですね。
それでも今日の試合を見る限り、美馬本来の姿が完全に戻ったと宣言できます。
来週も頼みますよ。

1シーズンでもそうそうお目にかかれない見事な逆転勝ち、これで福岡で連勝です。
3連敗の借りは3連勝でしか返せませんので、明日は開幕カードの借りを返しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です