捉えた打球は正面に、ボテボテの打球は間を抜ける。野球って不思議

2021年8月19日
千葉ロッテマリーンズ 3-3 埼玉西武ライオンズ
17回戦 @ZOZOマリンスタジアム

野球って不思議

ことごとくヒットになりそうな打球が野手の正面をつき、チャンスを作っても得点できず、今日は何をやってもダメな日だと思って負けを覚悟しました。
そうかと思えば7回8回はお世辞にもいい打球とは言えないボテボテの打球が内野の間を抜けタイムリーとなり、改めて野球って不思議だなと感じました。

どれだけボテボテなヒットであっても、8回のもう後がないイニングのチャンスで打った佐藤は良くやったでしょう。
普通ならセカンドゴロですが抜けたもん勝ちです。
守備面でもキャッチャーとして追加点を許さなかったのは大きいです。
田村がコンデション不良ということで当面の間出番が増えそうですが、キャッチャーとしても春先とは別人ですね。

あの1球だけ

先発の鈴木は良かったです。
内容的にも3失点するような内容ではなく、本当にあの一球だけが悔やまれます。
それまでの好投が嘘のような、そんな失投でしたね。
まだ完璧を求めるのは難しいですが、ピンチの場面での失投はなくすことはいい投手の絶対条件ですので。
それ以外はナイスピッチングで、おそらく1回抹消でしょうが次の先発の機会を楽しみに待てます。

それにしても先発鈴木の時は野手陣は得点できませんね。
今日も5回まで散々チャンスあったのになぜ1点も入っていないんだといった感じで、これも野球の不思議の一つです。。
点が取れていたらあの失投はなかったかもしれませんので、野手陣の罪も重いです。

納得いかない選手交代

今日の引き分けという結果には納得しています。
ただちょっと納得いかないのは9回表の選手起用。
9回裏は3番から始まる打順でしたが、DHを解除して岡をライトの守備に、5番の山口のところに投手の益田を入れました。
その時点でベンチに残っている野手は三木、髙部、和田のみで、どう見積もっても山口以上の打撃が期待できる選手はいません。
確かに守備力だけなら岡の方が上ですが、サヨナラで勝利を目指すのであれば山口を下げた合理的な理由は見出せません。
完全に引き分け狙いでしょう。

もちろん相手は平良ですので山口が打席に立ってもほとんどの確率で打てなかったでしょうから引き分けという結果が不満なわけではありません。。
ただ相手が平良だからと言って戦う前から諦めているのは正直腹立たしいです。
さらに言うと期待感の欠片もない髙部の打席を最後見せられるのは辛いもので、せめて和田の方が可能性あったのではないでしょうか。

ということでマリン1000勝は次の試合にお預けです。
そして次のマリンの試合は31日なのでちょっと間が空きますね。
サクッと決めたかったですが仕方ないです。
明日からはビジターの連戦、初戦を勝っていい流れで戦いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です