好守に粘り強く戦い、マリン1000勝へ王手

2021年8月18日
千葉ロッテマリーンズ 5-3 埼玉西武ライオンズ
16回戦 @ZOZOマリンスタジアム

今日は結果を褒める

試合内容だけ見たら、「勝ちはしたけど…」といった試合。
ただ昨日の試合をローテの柱である岩下で落として後半戦波に乗れないチームにとって、今日に関しては勝ったという事実が大事だと思います。

先発の小島はいつもなら文句を言いたくなる内容。
まあ6回以外毎回ランナー背負っていましたので実際良くはないでしょう。
ただ昨日フローレスと中村稔弥のロング要員2枚を使ってしまい、中村だけはベンチには入りましたが今日は何としても序盤に先発が崩れてはいけない試合。
その中で毎回のように訪れるピンチにも屈せず、時には風に助けられ、何とか粘りながら6回2失点にまとめた小島に今日は良くやったと言いたいです。
本当に今日は先発投手が6回まで投げて試合を作った、その事実に勝ちがあるはずです。

しかし当たり前ではありますがこれで満足していてはダメ。
特に無駄な四死球を減らす、なんだかんだ小島はこれに尽きるかなと思います。

踏ん張れ安田

昨日の試合を見て2軍行きもやむなしかなと思った安田ですが、今日もスタメン起用。
この辺の井口監督はじめコーチ陣の考えは完全にはわかりませんが、それでも本気で育てる素材であることは同意です。

今日も打撃内容だけ見たらはっきり言ってダメです、しかし今日何よりも大きいのは先制のタイムリーを放った点。
打撃内容が良くないのは安田自身が一番わかっていて、何とかしようと必死にもがき苦しんでいる状態だと思います。
ただ試合は毎日行われ、時にはスタメンで起用され、打席からは逃げることはできません。
正直言って私なら打席に立ちたくないと思ってしまいます。
安田のことなので自分の不甲斐ない打撃でチームに迷惑をかけているとか考えているでしょうから、たとえその内容がどれだけ不細工なヒットであっても、それがチームに先制点をもたらす一打となれば心が救われるはず。
今日は内容よりも結果ですので、安田は良くやってくれました。
正直言ってまだトンネルの出口は見えていないですが、それでも踏ん張れ安田と思って打席を見守ります。

二桁安打、ほとんど単打

そんなに打った気はしませんでしたが今日も二桁安打。
なぜかと思って振り返ったらほとんど単打で、唯一の長打は実質センターのエラーの様な藤岡の3塁打でしたので合点がいきました。
しかし前述の安田の先制タイムリー然り、エラーを誘った勝ち越し点然り、エチェバリアの追加点となるタイムリー然り、どれもこれも次の打者へ繋ぐという意志を感じました。
何でもかんでも次に繋ぐが正解だとは思いません、ただ今日に関しては勝利の大きな要因ですね。

好守に粘り強く戦い見事勝利、繰り返しますが今日は勝ったという結果を褒めます。
これでマリン通算999勝、ついに1000勝に王手です。
無駄な足踏みは要りません、明日でサクッと決めちゃいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です